学芸大付属校で火災、けが人なし…化学実験室が火元か

 28日午前6時20分頃、東京都練馬区東大泉の東京学芸大付属国際中等教育学校の校舎3階の化学実験室から出火、火は約1時間後に消し止められたが、同実験室約70平方メートルが焼けた。けが人はなかった。

 警視庁石神井署によると、生徒らは登校前で、出勤してきた男性教諭が火災報知機が鳴っているのに気づいて119番した。同署は、実験室のコンセント付近が火元とみて調べている。

 同校によると、火災のため28日は休校となった。

引用元:BIGLOBEニュース

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。