練馬区コロナ対策

練馬区では、令和2年2月26日から「新型コロナウイルス感染症に関する危機管理対策本部」を設置しています。

練馬区内の感染状況

練馬区内では3月27日現在で、新型コロナウイルスに13名の感染が確認されています。
うち1名は残念ながら、お亡くなりになりました。

「3密」を防ぐ

東京都知事が示しているとおり、感染リスクが高まる「3密」と言われている、3つの要素である
(1) 密閉空間、(2)人の密集、(3)近距離での会話や発声
が重ならないように対策を行っています。

情報公開

練馬区内の患者数などを、注意喚起のためにも個人情報保護に配慮しながら公表していきます。

練馬区の具体的な感染対策

・4月からは新学期を再開します。再開の際には、3つの要素が重ならない対応を図っていきます。
・保育所・学童クラブ等は、感染防止対策をして4月以降も運営を継続します。
・区主催の事業は4月中は原則、延期・中止です。
・区内の美術館・図書館等については4月12日までの土日は休刊です。
・区立施設の貸し出しも4月12日までの土日利用は自粛を呼びかけます。

練馬区民全体へ

・不要不急の外出は可能な限り控えてほしい
・イベント等への参加も控えてほしい

練馬区の電話相談窓口

練馬区では、令和2年2月4日から、電話相談窓口を開設しています。
電話番号:03-5984-4761
受付時間:平日午前9時から午後5時まで

PCR検査について

新型コロナウイルス感染症のPCR検査は現在、一般の診療所では実施することはできません。
相談から受診、検査の流れについては、東京都の「新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口について」をご覧ください。

・「新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口について」
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/coronasodan.html

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。