《おはよう保育園》を4月1日に2か所新規開園

〜学童施設も初併設。マンション開発事業とのシナジー強化へ〜

東京建物株式会社の子会社である東京建物キッズ株式会社は、昨年に引き続き、本年も4月1日より《おはよう保育園》(認可保育所)を都内の計2か所で新たに開園し、また初めて学童保育施設を1施設開所いたしました。これにより、東京建物キッズが運営するおはよう保育園は合計13園、学童施設1施設となります。

今般4月1日に開園した「おはよう保育園 関町南」は、「Brillia City三鷹 (ブリリアシティ三鷹)」内に併設された認可保育所であり、東京建物が開発するマンション「Brillia」内での2案件目の開園となります。また、本保育園に隣接して、東京建物キッズ社初の学童保育施設「関町南アフタースクール」を開所いたしました。いずれも大規模マンション開発に際しての練馬区との協議により設置されたものです。

東京建物グループは、増え続ける待機児童の解消に寄与し、働く女性や共働き世帯の仕事と育児の両立支援に取り組むべく、2016年に東京建物キッズを設立し、保育事業に参入しました。以来、子ども達が豊かに生きる力を育む環境を整備しつつ、地域コミュニティとのつながりを大切にする良質な保育サービスの提供を目指しています。

2020年7月には、東京建物等が開発する「北青山3丁目地区まちづくりプロジェクト〈ののあおやま〉」内にも《おはよう保育園》の開設を予定しており、東京建物グループは今後も既存事業とのシナジーを強化し、保育事業を展開してまいります。
[画像: https://prtimes.jp/i/52843/17/resize/d52843-17-792915-0.jpg ]

引用元:BIGLOBEニュース

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。