• HOME
  • ブログ
  • その他
  • 令和2年9月~翌年3月に開催する【ねりま遊遊スクール・子育て学習講座・子供安全学習講座・ねりまイクメン講座】の企画・運営団体を募集します!(第一次募集)

令和2年9月~翌年3月に開催する【ねりま遊遊スクール・子育て学習講座・子供安全学習講座・ねりまイクメン講座】の企画・運営団体を募集します!(第一次募集)

 練馬区教育委員会では、子供の教育等に関する内容の講座を、PTAや地域で活動している団体に企画・運営を委託し実施しています。
 令和2年度も、『 地域で子どもを育てよう 』を大きなテーマとして掲げ、子供がいろいろなことを体験したり学んだりする「ねりま遊遊スクール」、子育てや子供の教育について学習する「子育て学習講座」、子供の安全や安心、防犯等をテーマとした「子供安全学習講座」、父親の育児・家事参加の促進や父子のふれあいをテーマとした「ねりまイクメン講座」、主に知的障害のある小学生と中学生の居場所づくりとして「すまいるねりま遊遊スクール」の計5種類の講座を令和2年9月1日~翌年3月14日に開催する企画・運営団体を下記のとおり募集します。(なお、ねりま遊遊スクールのみ区外で実施できる講座も開催することができます)

講座の募集案内・申請書・申請書記入例

[全講座共通]
ねりま遊遊スクール(区内実施・区外実施)、すまいるねりま遊遊スクール(区内実施)、子育て学習講座、子供安全学習講座、ねりまイクメン講座
[二次募集のしおり配布場所]
本庁舎1階パンフレット棚、青少年課窓口など                                                                                                              ※注釈:今回は募集のしおり、開設申請書等の書類について郵送することも可能です。郵送をご希望の方は下記「お問い合わせ」の電話番号までご連絡ください。                                                                           ※注釈:下記のとおりHPからのダウンロードも可能です。

申込方法

 募集のしおりを確認のうえ、開設申請書等の提出書類を練馬区役所 本庁舎11階 青少年課育成支援係へ提出してください。          
 提出方法は郵送か窓口持込みでお願いします。なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止措置として、郵送でのご提出を積極的にご活用いただきますよう、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
[注意事項]
(1) 1年度内に申し込みできる「講座委託料の申請上限」は、1団体につき4万円までです。ただし、すまいるねりま遊遊スクールについては、1年度内に申し込みできる「講座委託料の申請上限」は、1団体につき5万円までです。新設のすまいるねりま遊遊スクールと合わせて1団体の申請上限は9万円までとなります。(保育分を除く。1次募集に応募した場合は、その委託料も含む。)<募集のしおり参照>
(2) なお保育室を設置する講座では、上記講座委託料のほかに、保育委託料(1講座6,500円)が加算されます(保育委託料は上記4万円や5万円とは別枠です)。
※注釈:ただし、区外で実施するねりま遊遊スクールでは保育室は設置できず、保育委託料はありません。
(3) 申込多数の場合には、内容審査のうえ抽選となります。

申込期間

令和2年4月21日(火)~令和2年5月29日(金)<必着>
※注釈:郵送先 〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 練馬区教育委員会事務局 こども家庭部 青少年課育成支援係 宛て
※注釈:青少年課窓口での開設申請書(申込書)等の受付は、平日8時30分~17時15分です。

事業説明会

 令和2年5月13日(水曜)に予定しておりました事業説明会は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止措置として中止します。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。なお、申込みに関するお問い合わせは下記「お問い合わせ」の電話番号までお問い合わせください。

委託団体の決定

内容審査のうえ決定します。結果については6月中旬頃(予定)に団体の担当者宛に通知を発送します。
注釈:申込多数のため抽選となった場合は、抽選会の案内を送付します。

その他(子供に関する講座のページ)

お問い合わせ

こども家庭部 青少年課 育成支援係

電話:03-5984-1292(直通)

 ファクス:03-5984-1221

本文ここまで


サブナビゲーションここから


情報が見つからないときは




フッターここまで

引用元:練馬区公式ホームページ

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。