• HOME
  • ブログ
  • その他
  • まるで仮想オフィス!リモートワークで一体感のあるチームを実現する「Enkin GT」の新バージョンが登場

まるで仮想オフィス!リモートワークで一体感のあるチームを実現する「Enkin GT」の新バージョンが登場

[支援企画] 先着30社まで90日無料トライアルプレゼント!! 全製品で利用可能(Freeも含む)

ラボ型開発サービスを提供する株式会社エンキンラボ(代表取締役社長:菅 正和 以下「当社」)は、プロジェクト管理ツール「Enkin Global Team(以下「EnkinGT」」の新バージョン2.0を2020年4月28日に提供開始しました。

【URL】https://products.enkinlab.com/news/enkingt2.0.html

在籍状況を自動的に共有することでコミュニケーションを促進し、チームに一体感を与える「チームステータス」機能をご提供します。

リモートワークはコミュニケーションが少なく一体感が失われる、また、アウトプットに対する不安が発生しやすい労働形態です。「チームステータス」機能を利用し、在籍状況やタスク状況を自動的に共有することで、お互いの状況を把握、また、コミュニケーションを促進する環境を作成することで、一体感のあるチーム体制を実現することが可能です。

無料で提供するFree版にも当該機能を搭載することで、急遽リモートワークを実施する必要がある多くの企業を支援します。

[ 新機能 ] ・在籍情報やタスクを共有する「チームステータス」を提供開始
・Windows、MACをサポート!取得されたワークログから勤怠表を自動生成
・ビジネスチャット連携「Microsoft Teams」、「Slack」と連携機能を実現

[ EnkinGTとは? ] EnkinGTは、メンバーの状況を自動的に共有し、オフショア開発等のリモートワークを簡単に実現するプロジェクト管理ソフトです。また、タスクの内容やコメント、添付ファイルを複数言語に自動的に翻訳する機能を持ち、母国語の異なるメンバーと誰でも働くことができる新しいタイプのプロジェクト管理ツールです。

[ EnkinGTの特徴 ] ・メンバーの状況を自動で共有し、安心感、一体感のあるリモートワークを実現
・AIとチームで成長する自動翻訳機能を搭載。Officeファイルや情報を16言語に翻訳
・ユーザ無制限で開発以外の幅広いプロジェクトでも利用可能。Agile開発も完全サポート
・Web上でタスクを管理し、優先度を共有することでプロジェクトを効率的に推進

[今後の流れ] 今後も、日本企業がリモートワークを行う上で発生する様々な課題を解決を目指し、継続して開発いたします。

[製品ラインナップ] ・フリー版(10ユーザまで無償利用可能)
・スタンダード版
-スターターエディション(10ユーザ 月額1,000円)
-ノーマルエディション(ユーザ無制限 月額8,500円)
-グローバルエディション(ユーザ無制限 月額 15,000円)
・プロフェッショナル版 (ユーザ無制限 月額48,000円)

会社概要
会社名  株式会社エンキンラボ
所在地  東京都練馬区中村北2-22-8
代表者  代表取締役 菅 正和
設立   2019年9月
資本金  8,000,000円
URL   https://www.enkinlab.com
事業内容 ラボ型オフショアサービス、クラウドサービス「EnkinGT」の企画・開発・運営

引用元:BIGLOBEニュース

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。