ドリフト練習中の車から外れた車輪、女性に当たり死亡…責任者を書類送検

 宇都宮市高松町の「日光サーキット」で2016年、ドリフト競技大会に参加するため練習走行中の車から外れた車輪が、コース脇の女性に当たって死亡した事故で、栃木県警は4日、現場責任者で大会を主催した会社役員(47)(東京都練馬区)を業務上過失致死容疑で宇都宮地検に書類送検した。県警は認否を明らかにしていない。

 発表によると、事故は16年11月20日午前9時頃に発生した。車の右前輪が外れ、この車両とは別チームのスタッフとして審査員席の近くにいた埼玉県本庄市のピアノ講師の女性(当時35歳)に直撃。会社役員は安全に観戦できるエリアや防護柵の設置などの安全対策を怠った疑い。翌月に女性は死亡した。

引用元:BIGLOBEニュース

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。