群馬・みなかみ町でも大雪 「一晩で1メートル積もった」

 関東の山沿いでも大雪となっています。

 群馬県みなかみ町では夜中から雪が降り始め、レストランの従業員らが雪かきに追われています。

 「もうすごいですよ。一晩で1メートルぐらい積もって。あと1日降ると(予報で)言っているので、覚悟はします」(男性)

 みなかみ町の藤原では16日午前5時までの24時間に降った雪の量が1メートル28センチと観測史上1位の値を更新しました。群馬県ではこのあとも雪が降り続く見込みで、17日朝までの24時間に降る雪の量は北部の山沿いの多いところで80センチと予想されています。

 一方、冷え込みがぐっと強まった東京。多摩川では冷えた空気が川の水に触れて湯気のように立ちのぼる「けあらし」が見られ、あたりは幻想的な雰囲気に包まれました。都内は多くのところで今シーズン最も低い気温となり、練馬区では16日午前6時前にマイナス1.6度を観測、23区内で初の冬日となりました。(16日15:31)

引用元:BIGLOBEニュース

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。