• HOME
  • ブログ
  • その他
  • モバイルオーダーPOSダイニーセルフ「アガリコ餃子楼 練馬店」中華点心バルで導入:同ブランド2店舗目

モバイルオーダーPOSダイニーセルフ「アガリコ餃子楼 練馬店」中華点心バルで導入:同ブランド2店舗目

【練馬区】バル業態で店内モバイルオーダーを活用し、業務効率化・顧客データ活用の実現を目指す

株式会社dinii (本社:東京都文京区、代表取締役社長:山田 真央、以下 ダイニー) は、開発運営を行う店内モバイルオーダーPOS「ダイニーセルフ」をアガリコ餃子楼 練馬店様へ導入した。アガリコ餃子楼 練馬店は株式会社BigBelly (本社:豊島区池袋、代表取締役:大林 芳彰)がFC展開するブランド。今夏「アガリコ餃子楼 小田急ハルク店 」への導入をきっかけに、同社2店舗目の導入となる。

アガリコ餃子楼 練馬店

雰囲気◎コスパ◎餃子を中心とした中華、点心バル
多彩な40種類以上のフードメニュー、クラフトビールやオリジナリティあるドリンクメニューも楽しめる。

名物の餃子はモチモチの皮と溢れだす旨汁が絶品の一品!
台湾屋台のようなアットホームな雰囲気で餃子・点心と様々なタパスをおひとり様もご友人同士の飲み会も様々なシーンで使い勝手のいいお店となっている。

フランチャイズで店舗数拡大
チェーン系居酒屋のような大規模な店舗ではなく、10坪以下のFCモデルを展開している。お客様との距離も縮まり、心のこもったアットホームなサービスを行う店舗設計として一般的には狭小店舗と言われる規模での店づくりを行う。
現在関東中心に9店舗展開

同社2店舗目のモバイルオーダー導入
今夏「アガリコ餃子楼 小田急ハルク店」様への導入をきっかけに、業態パッケージの革新、店舗オペレーション効率化/顧客データ活用の観点からダイニーセルフを活用。

導入後の反応
「来店組数の6割弱がモバイルオーダーを利用して注文を行っている。ホールオペレーションの軽減は目に見えるが、その分で接客価値を向上させる新しい仕組みを現在構築中。全店舗導入は前向きに検討している。ただ、越えるべきは、店舗オペレーションだけでなく管理業務や勤怠連携等。今後のプロダクトの展開に期待している。」(店舗担当者様)

店舗情報

アガリコ餃子楼 練馬店
<住所>
東京都練馬区豊玉北5-15-7 大幸ビル 1F
<電話番号>
03-6914-5885
<営業時間>
【月〜木・日・祝日】15:00〜24:00
【金・土曜】15:00〜翌5:00
<公式情報>
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13245523/

飲食店の次世代インフラへ【モバイルオーダーPOS:ダイニーセルフ】

2020年モバイルオーダー元年。
私たちはモバイルオーダーを単なる注文ツールではなく、POS販売データとモバイルオーダー顧客データを紐づける飲食店のインフラであると捉えています。モバイルオーダーが次世代の飲食店経営を加速させると考え、まずは、お客様・従業員の便利ツールから、この先の飲食業界の成長を後押しするインフラとなるべく店内モバイルオーダーPOS事業を推進していきます。

【株式会社dinii】
設立:2018年6月20日 代表取締役:山田 真央
本社:東京都台東区池之端3-3-9 花園アレイ 205&206
主な事業:店舗向けモバイルオーダーPOS「ダイニー」の開発・運営
URL:https://www.dinii.jp/

[飲食店様]製品に関するお問い合わせ
営業担当:竹内
連絡先:info@dinii.jp

[メディア関係者様]本リリースに関するお問い合わせ
広報担当:谷村
連絡先:pr@dinii.jp

引用元:BIGLOBEニュース

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。