コロナで働き方が変わる!練馬区のコワーキングスペース・シェアハウスのまとめ

コロナの影響でシゴトのスタイルが大きく変わった1年

ワクチン接種が始まり、2度目となる緊急事態宣言が明け、お花見への人出増加や第4波への懸念などまだまだコロナウィルスへの終息まで時間がかかりそうですが、この1年で生活スタイルだけではなく、仕事のスタイルも大きく変わりました。

電通やエイベックスといった大手企業の本社ビル売却の動きに加えて、都心のオフィスビルからの企業撤退によるテナントの空室率の増加などは決して業績不振だけが理由ではなく、テレワークへの方針転換などによりあえて会社に出社せずに仕事をするというスタイルが一部の企業を中心に当たり前の仕事スタイルとして根付きつつあるのも事実です。
そんな中で、今需要が高まっているのがコワーキングスペースやシェアオフィスです。自宅では仕事ができない人にとってはまさに渡りに船の施設であり、練馬区内にも少しづつ増えてきました。

そもそもコワーキングスペースってどういう意味

コワーキングを英語で書くと「Coworking_Space」。この「CO」とは共同・共通・相互といった意味があり、すなわち共同で仕事をするスペースという意味になります。シェアオフィスもほぼ同じものといえますが、コワーキングスペースは利用者同士の交流が盛んにおこなわれる印象があります。

練馬区内のコワーキングスペースとシェアハウスまとめ

OGUSU&FREE.(https://andfree.co/)
東京都練馬区豊玉上2-24-1
お洒落で洗練された空間デザインで、とにかくアガる仕事スペースが提供されています。ドリンクの提供や社外の人との打ち合わせスペースもあります。


提供:OGUSU&FREE.

学童保育あそびーむ(http://www.hahacoworking.com/)
練馬区羽沢3−39−15/氷川台駅から徒歩10分
空いている時間を利用した親子コワーキングを実施し、子どもは遊びながら仕事出来る環境があるとのこと。

いいオフィス練馬 by Neriba(https://neriba.net/)
東京都練馬区豊玉北5-15-1ヒルズ京栄6番館4,5F
10時から17時までにコワーキングを行うことができ、当日予約可能。電源とWi-Fiを完備で、広々空間でゆったりと仕事することができます。

MY TIME(https://mytime.space/)
東京都練馬区高松4-6-1 ビズテラス光が丘6F
定休日無しの朝6時から夜中の2時まで利用可能で総席数25。電源・高速Wi-Fi・フリードリンクがあって30分200円~と低料金で利用可能。

ぼっとう&よはく(https://bottou489.com/)
東京都練馬区旭丘1丁目 65-18 旭丘ダイヤモンドビル 2F
カラープリンタや冷蔵庫など充実した設備で大人でも子供でも利用可能なコワーキングスペースです。

エミフィス練馬(https://emiffice.jp/)
東京都練馬区練馬一丁目3番10号 練馬駅構内 2階
練馬駅構内で夜9時まで子どもを預かるエミフィス練馬アフタースクール(学童)が併設されており、ミーティングルームやテレフォンブースも完備。

エミフィス大泉学園(https://emiffice.jp/oizumi/)
東京都練馬区東大泉1-28-1 グランエミオ大泉学園1階
2021年3月22日にオープン。テレフォンブースやWeb会議用ブースがあり、1ヶ月の賃料66,000円のレンタルオフィス会員と15分毎に200円の従量課金のシェアオフィス会員の2種類のプランがあります。

喫茶店や家で仕事をするのとは違い、一段ギアが入って仕事ができるスペースが今後もたくさん練馬区内に増えていくのかなぁと思います。
たまには別の環境で仕事をしてみたい方は、是非、有効活用してみてはいかがでしょうか。

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。