三遊亭王楽 父・好楽の七光りを消す!試練の7日間

 【笠原然朗の舌先三寸】日本テレビ「笑点」大喜利メンバーの落語家、三遊亭好楽(74)の長男で落語家の三遊亭王楽(43)がデビュー20周年を迎え、6月7日から東京・池袋の東京芸術劇場シアターウエストで「芸歴20周年記念独演会7Days」を行う。

 7日間8公演でゲストとして8人の大物落語家が登場(別掲)。いずれ当代きっての人気者ばかり。各々の得意ネタをあえて当日の高座にかける王楽は「憧れの師匠たちとは違って私ならこうやります、というものを聞いていただきたい」と話した。

 昔、プロレスでジャンボ鶴田の「試練の十番勝負」、ザ・デストロイヤーの「覆面十番」なるものがあった。子供の頃、胸をわくわくさせながらテレビ観戦したことを思い出す。プロレスとは違って、落語にピンフォールやギブアップなどによる勝ち負けはないが、王楽は高座というリングで大物相手に自らの“20年”を観客に問う。実力差がはっきりと表れる試練の「話芸八番勝負」なるだろう。

 「準備には1年以上かけました」

 というのはゲストのスケジュールを抑えるのに困難を極めたからだ。1年以上先まで決まっている人気者もおり「まず皆さんの空いている日を確認してから直接、お会いしてお願いしました」。

 コロナ下で行われる落語界では久しぶりのビッグイベントだ。

 「大銀座落語会」など世間の耳目を集める数々のイベントを仕掛け、落語界のトップランナーとして走り続けている春風亭小朝(66)は12日(土)の昼の部に登場する。

 王楽は「前座の頃から噺を教えていだきました。小朝師あっての僕です」と話す。たぐいまれなるプロデュース能力を間近にみて、学んだ結果が今回のイベントにつながったのだろう。

 小朝に対する王楽の私淑ぶりを示す例が、彼の息子たちのことだ。名前は、8歳の長男が「理史(さとし)」、5歳の次男が「康至(こうじ)」、いずれも小朝の命名だという。

 「立派に職業について、世間の役に立つ人間になって欲しい、という思いでつけてくれました」。

 王楽の本名は家入一夫。次男の名前は「家入康至」で「家と康で徳川家康。天下がとれる名前を、という意味もあるそうです」。

 2人の息子たちは7日(月)の初日、高座デビューを果たす。ゲストは父・三遊亭好楽だから、親子三代の競演が実現する。落語界では林家正蔵(58)、三平(40)らの海老名家に次ぐロイヤルファミリーの誕生か?

 改めてゲスト8人の顔ぶれを見てみよう。

 現在、日本には落語家の団体は5つ。春風亭小朝、春風亭一之輔(43)が所属する落語協会、春風亭昇太(61)が会長を務める落語芸術協会、笑福亭鶴瓶(69)、桂文枝(77)の上方落語協会、立川談春(54)の立川流、三遊亭好楽、王楽の円楽一門会。ゲストはすべての団体から。

 団体を超えてこれだけのメンバーをそろえることができるのは、王楽の実力と人柄によるところもあるが、好楽の威光を否定することはできない。

 「今後、団体の枠を超えて落語家が集まるとき会長は師匠ですわ」と桂文枝が好楽に言ったという話もあるほど「誰からも愛され、敵を作らない」父・好楽は東西、団体関係なく信奉者は多い。

 「親の七光りはある?」

 王楽にぶつけてみた。

 「七光りですか?だって好楽ですよ」と笑う。一方で「5年後の25周年イベントはゲストだのみではなく、1人でやらないとダメでしょうね」と遠くを見る目をした。

 「ならば今回の7日間は、七光りを1日ひとつ消していくことになるかもしれませんね」とさらにぶつけると、「そういえば13日(日)に、ネタ出ししていませんが師匠・円楽(5代目)直伝の◯◯◯◯をやります」

 「それって、好楽師匠が噺は覚えてはいるけど、思い入れが強すぎて、いまは高座にかけられない、と言っていたネタですよ」

 1月、好楽にインタビューしたとき、出てきた話だ。好楽は言った。「10年後ならできるかも…」と。

 その話をしたら王楽の目が一瞬、ギラリと光ったように感じた。

 大勝負の高座で、“御曹司”大化する…そんな予感がする。

 ◆三遊亭王楽芸歴20周年記念独演会

 (1)6月7日(月)午後6時半開演

 演目「藪入り」

 ゲスト・三遊亭好楽 (2)8日(火)午後6時半開演

 演目「包丁」

 ゲスト・立川談春

 (3)9日(水)午後6時半開演

 演目「らくだ」

 ゲスト・笑福亭鶴瓶

 (4)10日(木)午後6時半開演

 演目「井戸の茶碗」

 ゲスト・春風亭昇太

 (5)11日(金)午後6時半開演

 演目「帯久」

 ゲスト・立川志の輔

 (6)12日(土)午後1時半開演

 演目「三枚起請」

 ゲスト・春風亭小朝

 (7)同日午後6時開演

 演目「ねずみ穴」

 ゲスト・春風亭一之輔

 (8)13日(日)午後1時半

 演目「読書の時間」(桂三枝・作)

 ゲスト・桂文枝

 チケットなど問い合わせは夢空間=(電)0570(06)6600。

 

 ◆三遊亭 王楽(さんゆうてい・おうらく)1977年、東京・練馬区生まれ。本名・家入一夫。駒澤大学英文科卒業。2001年、父・好楽と同じく5代目三遊亭円楽に入門。04年、二つ目昇進。09年真打昇進。古典落語のほか自作の新作落語も発表している。

引用元:BIGLOBEニュース

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。