• HOME
  • ブログ
  • その他
  • アップサイクルプロダクト専門の自由販売機(R)︎「wastebox produced by R」/東急百貨店 吉祥寺店にて販売開始   

アップサイクルプロダクト専門の自由販売機(R)︎「wastebox produced by R」/東急百貨店 吉祥寺店にて販売開始   

「自由販売機(R)︎」事業のスキマデパートによるSDGsへの取り組みとして6月14日(月)より東急百貨店吉祥寺店屋上「太陽の広場」前にて販売開始

「小さなスペースを面白くする」株式会社スキマデパート(代表取締役社長:芳屋昌治、本社:東京都千代田区)は、ノウ株式会社(代表取締役:深津康幸、本社東京都練馬区)が運営をするサステナブルな暮らしの実験場「R(アーーーーール)」が企画・プロデュースする、本来は捨てられてしまうはずのモノに新たな価値を加えて 販売するアップサイクルな「自由販売機」の設置・販売を開始しました。

初回は全国でも有名な3ブランドの商品の販売を行います。ここでしか買えない商品も登場!6月14日からの試験運用を経て、緊急事態宣言の解除を受け、6月21日(月)より本格的な販売をスタートさせました。今後は2ヶ月ごとにブランドを入れ替えながら販売していく予定です。

【株式会社スキマデパートがノウ株式会社と取り組むSDGsアクション】
SDGsとは、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。世界中で様々なアクションやプロダクト、サービスが生まれています。しかし日本においては、まだまだゴールへ向けてのアクションが十分ではありません。そこで、私たちはより多くの方に身近に、気軽に課題意識やアイディアに触れていただくため、アップサイクル(本来であれば捨てられるはずの廃棄物に、デザインやアイデアといった新たな付加価値を持たせること)なプロダクトを、他とは少し違ったユニークな販売方法として、自由販売機(R)︎での販売を開始しました。

これは、SDGsの17ある目標のうちの一つ、12の「つくる責任つかう責任」において、廃棄されるものに新たな価値を加えた商品を扱い、販売を通して、より多くの人に課題意識を持ってもらい、日常的にアクションを誘発することで、11の「住み続けられるまちづくりを」実現することを目指しています。

ブランド紹介:
1 リビルディングセンタージャパン http://rebuildingcenter.jp

2 niente / ニエンテ https://www.niente.co.jp

3 WHW ! https://www.instagram.com/whw_whatahandwrittenworld/

—————————————————
株式会社スキマデパート https://sukima-dept.inc

「小さなスペースから世の中を面白くする」というミッションを掲げ、2020年に社名を「スキマデパート」に変更し、従来からの自販機ベンディング事業に加え、自由販売機(R)︎事業・喫煙所運営事業をはじめシェアリングエコノミー事業を立ち上げ本格稼働。街中や商業施設・オフィス等のデットスペースを活用し、商品販売・体験価値販売・エリア価値の可視化・マーケティング等を実践しデッドスペースに新たな価値を提供する。

■「自由販売機(R)︎」とは

自由販売機とは「ドリンクだけではなく、自由に売りたいモノを売る」をコンセプトにオンライン・オフラインを融合した新しい購入体験の提供を目指す自由販売機(R)︎です。※自由販売機(R)︎は株式会社スキマデパートの商標登録です。

サステナブルな暮らしの実験場「R(アーーーーール)」 https://rrrrre.space/

R(アーーーーール)は、サステナブルな暮らしを考える実験の場です。サステナブルとは、人間・社会・地球環境の持続可能な発展を意味します。これは、私たち一人ひとりの暮らしにも繋がるテーマです。では、私たちはサステナブルな暮らし方が出来ているでしょうか?「関心はあるが、何から行えば良いか分からない」そんな人が多いのではないかと思います。Rは、そんな人々が集まり、これからの暮らしについて、ともに学び、ともに考え、ともに行動する場です。
シェアキッチンやシェアオフィスやシェアハウス、オンラインサロンなどを備え、定期的なイベントの開催やプロダクト開発など、練馬をベースに全国へSDGsの活動を広げる取り組みを行なっています。

引用元:BIGLOBEニュース

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。