練馬区で御朱印巡り~正覚院@練馬~

バス停豊玉南住宅下車4分、西武池袋線の練馬駅より徒歩17分ほどの距離に正覚院はあります。すぐ隣には豊玉氷川神社があります。

正覚院は真言宗豊山派の寺院で、山号を天満山といい、豊島八十八か所第七番札所です。寺伝によると太田道灌が長禄年間(1457~60年)江戸城築城の際、ここ中荒井の陣屋にあった道灌宗敬の天満宮を守るため別当寺として創建したのが等寺で、市ヶ谷から立ち退かせた一農家を開基檀徒としたといわれます。隣の氷川神社は境内社の天満宮(北野神社)が最も古いという伝承もこのことをうかがわせます。
明治の廃仏毀釈や火災で、寺の什宝などほとんどが烏有に帰しましたが、寛永年間(1624~44年)の記載がある過去帳と、それ以前といわれる涅槃像画が現存します。
幕末から明治にかけて、ここで「筆道稽古所」という寺子屋が開かれ、地域子弟の教育に携わっていたことがあります。境内には以前、村内各所にあった庚申塔や、不動明王などの石造物が数多くあり、また観音堂前の「八子地蔵尊」は不幸にあった八人の幼児の霊を弔ったものです。(練馬区教育委員会)


境内は緑がいっぱいで、ところどころに季節の花が咲いています。そんな中で見つけたのが、このシリーズを始めてから初めてお目にかかった模様のこちら。なんの模様かわかりますか?

ハート模様の燈籠です!かわいい~♡お寺でキュンとしたの初めてです。

他にもぐるぐる模様の・・・これはなんでしょう?水が流れていくようです。風情がありますね。

御朱印

力強い御朱印。初穂料は300円。

お寺で猫探し

参拝中に姿を見ることはできませんでしたが、隣の氷川神社の猫がこちらにも出入りしているようです。代わりに松の木で休む鳥さん。

googlemap

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。