【豪雨】東京・練馬区付近で猛烈な雨か 川の増水など警戒を

前線や湿った空気の影響で関東地方では午後から雨雲が発達し、東京・練馬区付近で1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったと見られるほか、埼玉県でも非常に激しい雨が降りました。関東では、このあと数時間、非常に激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は急な川の増水などに警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、関東付近に停滞する前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、午後から大気の状態が不安定になって関東南部を中心に雨雲が発達しました。

東京・練馬区付近ではレーダーによる解析で午後3時20分までの1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったと見られるほか、午後3時までの1時間に埼玉県が所沢市に設置した雨量計で73ミリ、東京都が清瀬市に設置した雨量計で67ミリの非常に激しい雨を観測しました。

午後6時までの1時間には▽国土交通省が神奈川県山北町に設置した雨量計で43ミリ、栃木県が日光市に設置した雨量計で31ミリの激しい雨を観測しました。

大気の不安定な状態が続くため、関東では、このあと数時間、局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。気象庁は、低い土地の浸水や急な川の増水、土砂災害に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風、「ひょう」に十分注意するよう呼びかけています。

8月30日 18時32分

引用元:2NN