【訃報】女子プロレス元JWPの渡辺えりかさん死去 がんと戦い39歳で

JWPで活躍した元プロレスラーの渡辺えりかさんが20日、都内の病院で死去した。
39歳。
13年9月に胃がん(ステージB)と診断され、肝臓などに移転。
余命宣告を受けながら闘病生活を送っていた。
告別式は25日午前10時、東京都練馬区石神井台1の2の13宝亀閣斎場。

渡辺さんは北海道北見市出身で、98年1月にデビュー。
99年に一度引退したが02年に復帰した。
マスクウーマンのラウンドガールとしても活動し、05年5月には第12代JWPジュニア王者となり、06年1月に引退した。

JWPの苦闘時代を支え合ったコマンド・ボリショイ(PURE-J代表)は「えりりんは延命治療を受けながら頑張った。実感はないし、信じられない気持ちです」と、ショックを隠せなかった。

渡辺えりかさん

引用元:2NN

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。