白鵬 父追悼の黙とうに感謝、モンゴル文化紹介イベント出席

 ◇13日初日大相撲夏場所

 大相撲の横綱・白鵬(33=宮城野部屋)が5日、東京都練馬区で行われたモンゴル文化を紹介する恒例のイベントに参加した。鶴竜(32=井筒部屋)、友綱親方(43=元関脇・旭天鵬)らとモンゴル相撲の大会を観戦。実況や決勝戦の行司も務めて会場を盛り上げた。

 先月9日に死去した父のジジド・ムンフバトさん(享年76)を追悼して黙とうが行われ、大会のバッジやメダルにはムンフバトさんのデザインが施された。「聞かされていなかった。感謝、感謝です」。午前中は幕下力士を相手に連日の稽古。故郷の思いも背負い、夏場所(13日初日、両国国技館)へ向かう。

引用元:BIGLOBEニュース

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。