【福島】金庫破り容疑、吉田被告を追送検 南会津署捜査終結 公判中も含めて計55件関与・・・オートバイで全国の道の駅巡りをしながら窃盗

毎日新聞 2018年6月19日 地方版
 南会津署は18日、県内外で金庫破りなどを繰り返したとして、東京都練馬区旭丘1、無職、吉田美智男被告(59)=窃盗罪で公判中=を窃盗容疑で福島地検会津若松支部に追送検したと発表した。公判中の事件を含めて計55件、総額約380万円相当を裏付け、一連の捜査を終結した。

 送検容疑は2016年10月~昨年8月、北海道や鹿児島県など15道県で事務所の窓ガラスをバールなどで割って侵入し、金庫破りや事務所荒らしを重ねたとしている。昨年4月24~25日、南会津町の工務店で現金と軽乗用車1台など約50万円相当を盗んだとして、窃盗容疑で逮捕された。

 同署によると、吉田容疑者はオートバイで全国の道の駅巡りをしながら盗みを繰り返していた。「生活費がほしかった」などと容疑を認めているという。【湯浅聖一】

引用元:2NN

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。