練馬春日町駅エリアレポート

練馬春日町駅は都営大江戸線の駅です。住所は東京都練馬区春日町。豊島園駅と光が丘駅に挟まれています。
2016年のデータでは、1日あたりの平均乗降車数は21,535人。2011年と比較すると、3000人以上も利用者が増えています。同じ人が一日乗り降りすることを考えると、この周辺の駅利用者人口は約1,500人増加していると考えられるでしょう。新宿までのアクセスも最短で19分と、都心への通勤通学に大変便利な環境です。

どんな人が住んでいるのか

練馬春日町周辺のマンションやアパートを探す時には、周辺の人口構成も知っておきたいものです。一人暮らしの人が多ければそういった人向けの店も多く、生活の利便性も挙がります。そこで練馬春日町駅周辺300メートルに住んでいる人の年齢構成を調べてみました。(2015年国勢調査の結果より)

総人口は4,472人。男性は2,130人、女性は2,342人です。最も人口が多いのは45~49歳。30~50代まで同程度の人数となっています。子供の数もそれなりに多く、駅付近でも子育てができるマンションを借りて生活ができるのではないでしょうか。

一方で世帯を構成する人数の分布は以下の表のようになっています。

総世帯数2,046のうち、約4割が単身者世帯です。3人以上の世帯は約3割、6歳未満の子供が居る世帯は166世帯となっています。多少新宿など都心から駅があるせいか、3人以上の世帯の割合が高くなって下り、家賃相場がこの沿線では安めであることが推測できます。

練馬春日町周辺の地価

住宅購入を考えるのであれば公示地価など土地の値段に関する数字も気になるところです。この練馬春日町駅周辺の2018年の公示地価を見てみると、平方メートル単価は39万4800円。坪単価は130万5123円です。前年からは約3%の伸び。2013年と比較すると平方メートル単価で約3万円、坪単価で約9万円の上昇となっています。
人口の増加や駅利用者の増加の影響で練馬春日町付近の地価も上昇しているようです。

練馬春日町駅ってどんなところ

練馬春日町付近で有名なスポットというと、春日大社があります。参拝に訪れる人も多く、東京都の真ん中ながら静謐な雰囲気を味わえるスポットです。
駅は環八が通っており、地下鉄だけではなく車での交通の便にも優れているのが大きな特徴です。環八沿いには数々の飲食店があり、一人暮らしの人にも、ファミリーで生活する人にとっても便利な環境でしょう。
また遊園地で有名な豊島園駅と一駅しか離れていないため、としまえんやその周辺のレジャースポットにも徒歩でアクセスできます。休みの日は親子で。としまえんのプールやアイススケート場にでかけたり、映画を見に行ったりと、一年を通して楽しめるでしょう。春日町内には公園や児童公園、緑地もあるので無料で楽しめるスポットにも事欠きません。
食事、買い物、遊び、子育ていずれも充実した環境と言えるでしょう。

練馬春日町駅前のグルメ

環八が目の前を通る練馬春日町だけにラーメン屋の数も大変多くあります。その中でも特に人気なのが回転したばかりの「はないち 春日町店」もともと練馬で人気の店で春日町にも進出。牡蠣ダシの入った白湯塩ラーメンはあっさりとした口当たりながらも濃厚な旨味を持っています。おでんなどのサブメニューも充実しており、毎日違ったメニューを楽しめます。
その他に人気のラーメン店というと、『麺処穂し乃』です。濃厚なスープを絡む魚介ダシのスープはラーメンで味わってもつけ麺で味わって最高の味わい。ボリューム満点で男性人気の高いラーメン店となっています。

目立ったスポットはないものの、買い物をするのにも食事をするのにも大変便利な環境である練馬春日町周辺。東京の真ん中の住宅街としての設備やアクセス性も十分なものを持っています。駅は一つしか利用できないものの、新宿へ乗り換え無しでアクセスできるなど、不便さを感じることも少ないでしょう。
都内で「お手頃な家賃、値段の家はないかな」と家探しをしている人に是非おすすめしたい穴場駅です。