高校体育館で生徒25人が熱中症訴える、東京・練馬区

 19日午前、東京・練馬区の都立高校で、体育館にいた生徒25人が熱中症の症状を訴え、そのうち10人が病院に運ばれました。

 東京消防庁などによりますと、午前10時すぎ、練馬区大泉町の「都立大泉桜高校」で、体育館にいた男女25人の生徒が熱中症の症状を訴えました。このうち10人が救急車やタクシーで病院に運ばれましたが、症状は軽いということです。

 「でかい扇風機もあったんですけど、ずっとこもった状態だったんで、真ん中の2年生がどんどん運ばれていっちゃった」(生徒)

 「(体育館で)1時間くらい話していました。(Q.飲み物は持っていかなかった?)みんなほとんど持っていかなかったと思います」(生徒)

 当時、体育館では夏休みを前に、生徒およそ700人が参加して詐欺被害を防ぐための特別授業が行われていて、大型の扇風機3台を回していたということです。(19日13:19)

引用元:BIGLOBEニュース

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。