<著作権法違反>カラオケ音源3千本投稿 820万広告収入

 音楽配信会社のカラオケ音源を無断で動画投稿サイトに公開したとして、警視庁原宿署が東京都練馬区の会社員の男(32)を著作権法違反容疑で書類送検していたことが21日、同署への取材で明らかになった。男は2014年8月以降、約3400本の動画を無断で投稿し、約820万円の広告収入を得ていたという。

 送検容疑は昨年11月、音楽配信会社(渋谷区)がインターネットで有料配信している歌手・米津玄師さんの「灰色と青」のカラオケ音源を不正にダウンロードし、動画投稿サイト「YouTube」(ユーチューブ)に5回投稿し、同社が持つ著作隣接権を侵害したとしている。無断投稿は認めているが、「違法とは認識していなかった」と容疑を一部否認しているという。

 同署によると、男は「Anriのカラオケ制作室」というアカウントでYouTubeやニコニコ動画にカラオケ音源を投稿。両サイトには「オリジナル音源なので著作権的にも安全」と虚偽の書き込みをしていた。利用者は音源に合わせて歌う様子をサイトに投稿する「歌ってみた」動画などで利用していたとみられる。

 楽曲そのものの著作権は作詞・作曲者にあるが、カラオケ音源を制作した会社には「著作隣接権」がある。【安藤いく子】

引用元:BIGLOBEニュース

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。