【アニメ制作会社】アニメ制作企業の業績回復 一方で埋まらない格差も 帝国データバンク調べ

帝国データバンクがこのほど発表したアニメ制作企業の経営実態の調査結果によると、2017年(1月~12月期決算)の収入高合計は2037億2100万円(前年比+8.2%増)と、初めて2000億円を突破し、過去最高だった。業績に回復の兆しが見えてきた一方で、制作の態様別で格差が生じている実態が浮き彫りとなった。

増収だった企業は39.6%と、3年ぶりに前年(37.3%)を上回った。増益だった企業も54.9%と、3年ぶりに半数を超えた。採算性の高いライセンス収入の増加などが寄与したようだ。

 一方で、下請けとなる専門スタジオでは平均収入高が低水準で推移。制作態様によって格差が生じている。

 受注単価の低迷やヒット作に恵まれない、アニメーターなどの人員不足による受注抑制などといった要因から減収だった企業は23.7%、減益だった企業は36.9%だった。

 また、17年の倒産・休廃業・解散件数は、倒産が4件、休廃業・解散が2件、計6件と、2000年以降で3番目に多かった。受注低迷や請負単価の低下、資金繰り悪化、人材不足などが主な要因だったという。

 18年に入ってからは3社が倒産したほか、「いなり、こんこん、恋いろは。」などを手掛けたプロダクションアイムズ(東京都練馬区)が債務整理を行う事態となっている。

 調査は2018年7月時点の255社を対象としたデータの集計・分析を基に実施した。

■アニメ制作企業の収入高合計推移

■アニメ制作企業の平均収入高推移

■収入高・損益動向

■アニメ制作企業の倒産・休廃業・解散件数推移

引用元:2NN