住宅地通る外環道、世田谷の地下50mで建設中

 外環道のうち東名高速と関越道を結ぶ、東京都世田谷区と練馬区の区間(16・2キロ)で建設工事が本格化している。この区間が開通すれば都心部の渋滞が緩和され、物流や観光などに大きな効果が見込まれる。

 東日本高速道路が12日、トンネル工事の現場を読売新聞に公開した。住宅地を通過するため、ほとんどが地下40メートルよりも深い位置を通る。世田谷区内の地下50メートルの工事現場では、直径16メートルのシールドマシンがゆっくりと地盤を掘削していた。東日本高速によると、1日あたり約10メートルのペースで建設が進んでいるという。開通年は決まっていない。

引用元:BIGLOBEニュース

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。