80代運転の車 スーパーに突っ込み1人けが、東京・練馬

 31日午前、東京・練馬区のスーパーに80代の男性が運転する車が突っ込み、自転車に乗っていた女性が巻き込まれて、けがをしました。

 スーパーの壁に突っ込む白い車。店内の客が心配そうに車のほうを見つめています。これは、東京・練馬区のスーパーに乗用車が突っ込んだ瞬間を捉えた映像です。31日午前10時半ごろ、スーパーの男性店員から「店に車が突っ込んできた」と110番通報がありました。

 警視庁によりますと、杉並区に住む自営業の80代の男性が運転する乗用車が店に突っ込み、自転車に乗っていた35歳の女性が巻き込まれて、けがをしたということです。

 「『ドン!』という音が鳴った。半端じゃない音でした。自動販売機が倒れて、ガラスまで割れてしまった」(車が突っ込んだスーパーの店長)

 女性は体を打撲し救急車で病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。

 警視庁によりますと、運転していた男性はスーパーの前の駐車場に車を止めようとしたところ、誤って発進したとみられるということです。

 男性は「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話しているということで、警視庁は過失運転傷害の疑いを視野に、当時の状況を詳しく調べています。(31日15:35)

引用元:BIGLOBEニュース

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。