女子学生、顔に複数殴られた痕…ベッドには血痕

 東京都練馬区の専門学校生、谷口夏希さん(20)とみられる遺体が見つかった事件で、遺体の頭部には複数の傷があったことが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は熊沢義信容疑者(27)(死体遺棄容疑で逮捕)による暴行の痕跡とみて、11日朝から司法解剖をして死因を調べている。

 捜査関係者によると、谷口さんとみられる遺体は9日夜、福島県いわき市の駐車場に止めていたレンタカーの後部座席で見つかった。死後1週間程度経過しており、顔に複数の殴られたような痕があったほか、側頭部にも複数の傷があった。谷口さんの学生寮の部屋は玄関が施錠され、物色の痕跡は見当たらなかったが、ベッドのシーツと枕に血痕が付着し、シーツの血痕はタオルケットに覆われていた。警視庁は、谷口さんが部屋で熊沢容疑者から暴行を受けて死亡した後、車に運ばれたとみている。

 調べに対し、熊沢容疑者は死体遺棄容疑を認め、谷口さんの殺害もほのめかしたという。部屋から見つかった熊沢容疑者が書いたとみられるメモには「馬乗りになって手で首を絞めた」などと記されていた。遺体の状況と矛盾点もあり、警視庁は詳しく調べている。

引用元:BIGLOBEニュース