被害女性の口座から現金引き出す? 練馬の専門学校生死体遺棄

 東京都練馬区の専門学校生、谷口夏希さん(20)とみられる遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された住所不定、無職の熊澤義信容疑者(27)とみられる男が先月末、谷口さんの口座から現金約6万円を引き出していたことが、捜査関係者への取材で明らかになった。警視庁捜査1課は11日、熊澤容疑者を送検した。強盗殺人容疑での立件も視野に調べる。

 捜査関係者によると、11月29日に谷口さんの口座から残高の大半に当たる5万9000円が引き出されていた。谷口さんは同28日夜に練馬区平和台4のマンションに帰宅後、連絡が取れなくなった。マンションの防犯カメラに熊澤容疑者が出入りする姿が映っており、今月3日未明には布団を運び出していた。布団で遺体をくるんでいたとみられている。

 谷口さんの部屋には、熊澤容疑者が書いたとみられるメモが残されていた。殺害をほのめかす内容で、現金を引き出したことも書かれていたという。

 捜査1課によると、熊澤容疑者は死体遺棄の容疑を認め、殺害についても認める供述をしている。2人は谷口さんのアルバイト先の飲食店で知り合ったとみられ、同課は事件の動機を追及する。【春増翔太、山本佳孝、土江洋範】

引用元:BIGLOBEニュース