【社会】遺体を乗せ被害者の地元へ 女性死体遺棄

東京都練馬区の専門学校生・谷口夏希さん(20)の遺体が遺棄された事件で、逮捕された熊沢義信容疑者(27)が、レンタカーに遺体を乗せたまま、
谷口さんの実家がある長野県松本市まで行っていたことがわかった。
松本市に行った理由はわかっていない。谷口さんの父親は
「最愛なる娘が20歳という若さで突然逝ってしまったこと、守ってやれなかったことが無念でなりません」と事件後初めて胸の内を明かした。

2018年12月12日 23時30分 テレ朝news

引用元:2NN

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。