2019年初詣に行きたい練馬区で有名なお寺 豊島園駅周辺編【田島山十一ヶ寺】

まだ初詣に行っていないという方は、豊島園駅周辺編の一風変わったお寺に行ってみませんか。

もう1/3なのに初詣に行っていいの?と不安に思う方も多いかと思いますが、年が明けて初めてお参りすることを初詣といいます。いつまでに行かなければならないという決まりはないので、元旦を逃してしまってもまだまだ初詣のチャンスはありますよ。

ここでは、豊島園駅にある田島山十一ヶ寺についてご紹介していきます。豊島園駅は遊園地が有名ですが、実はとてもユニークな寺院がたくさんあるんです。

田島山十一ヶ寺

都営大江戸線豊島園駅から徒歩10秒とアクセス抜群の田島山十一ヶ寺。遊園地から離れ一歩足を踏み入れると、静寂な異空間が広がります。練馬十一ヶ寺とも呼ばれ、浄土宗の寺院を11箇寺もお楽しみ頂けますよ。

それぞれの寺院は、元々浅草の誓願寺という大きなお寺のなかにありましたが、大正12年の関東大震災で焼けだされ、昭和初期に豊島園に移転してきました。

現在は思わず通り過ぎてしまうくらい気づきにくいところにありますが、地元の方や穴場スポットとして、多くの人に親しまれています。

画像参照:FOURSQUARE

豊島園通りから中に入ると、このように道路のような大きな参道が広がります。ここに、仁寿院、迎接院、本性院、得生院、九品院、快楽院、宗周院、仮宿院、受用院、称名院、林宗院の11寺院が並び、それぞれの中に入ることができます。

画像参照:tairaのウォーキング日記 – Yahoo!ブログ

こちらは仮宿院の六地蔵尊。人間は死ぬと地獄・天上・人間・餓鬼・畜生・修羅のいずれか六道に行くと言われていますが、六地蔵尊どこにでもいて救済の手を差し伸べてくれるといわれています。

画像参照:『練馬十一ヶ寺めぐり☆』練馬(東京)の旅行記・ブログ by ciamiさん【フォートラベル】

11個ある寺院の中でも最もユニークなのが、九品院の延命蕎麦喰地蔵。蕎麦が大好きなお地蔵様で、願かけや願成就の際には、お礼として蕎麦を供養するのだそう。

画像参照:グルコミ

脇には美味しそうに蕎麦を食べるお坊さんの石像も見られますよ。

寺院ごとに異なる風情を楽しむことのできる田島山十一ヶ寺。隠れた名寺で、他では見られないユニークな地蔵や像が見られるのも魅力的ですよね。普段とは一味違う初詣を求める方には是非おすすめのスポットです。

店舗情報
田島山十一ヶ寺
住所:東京都練馬区練馬4丁目25

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。