• HOME
  • ブログ
  • その他
  • 【東京】原宿 竹下通り暴走「灯油に火つけられず 突っ込んだ」容疑者身柄送検

【東京】原宿 竹下通り暴走「灯油に火つけられず 突っ込んだ」容疑者身柄送検

動画

2019年1月2日 12時11分

元日の未明、東京 原宿の竹下通りで車を暴走させて歩行者を次々にはねたとして逮捕された21歳の男が「事件を起こす前に別の場所で車に積んだ灯油に火をつけようとしたが、うまくいかず、車で通りに突っ込んだ」などと供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。警視庁は動機の解明を進めています。

元日の未明、東京 渋谷区神宮前の竹下通りで軽自動車が140m逆走し、歩行者9人を次々にはねるなどして、このうち練馬区の19歳の男子大学生が意識不明の重体になっています。

軽自動車を運転していた住所・職業不詳の日下部和博容疑者(21)は殺人未遂の疑いで逮捕され、2日、検察庁に送られました。

これまでの調べで、車の後部座席には20リットルほどの灯油が入った容器が積まれていたことがわかっていますが、その後の調べで「事件を起こす前に別の場所で車に積んだ灯油に火をつけようとしたが、うまくいかず、車ごと燃やそうと思った。しかし、それもうまくいかず、車で通りに突っ込んだ」などと事件に至る経緯を詳細に供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。

事件の動機については当初、「テロを起こした」という趣旨の供述をし、その後、「死刑制度に対する報復でやった」と供述しているということです。

警視庁は詳しい経緯を調べるとともに動機の解明を進めています。

引用元:2NN

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。