【竹下通り暴走 逮捕の男】1か月前に運転免許取得 計画的準備か

竹下通り暴走 逮捕の男 1か月前に運転免許取得 計画的準備か
2019年1月4日 11時53分原宿 車暴走

元日、東京 原宿の竹下通りで車が暴走し、歩行者が次々にはねられた事件で逮捕された男は、事件のおよそ1か月前に運転免許証を取得したばかりだったことが分かりました。その後、事件の4日前にレンタカーを予約して事件を起こしていて、警視庁は計画的に準備を進めていたとみて調べています。

元日の未明、東京 渋谷区神宮前の竹下通りを軽自動車が140メートル暴走し、歩行者9人をはねるなどして、このうち練馬区の19歳の男子大学生が意識不明の重体になっています。

その後の調べで、車を運転していて殺人未遂の疑いで逮捕された住所、職業不詳の日下部和博容疑者(21)は、事件のおよそ1か月前の先月上旬に、大阪で運転免許証を取得したばかりだったことが分かりました。

その後、事件の4日前に大阪でレンタカーを予約し、前日の大みそかの昼ごろには、そのレンタカーで東京に来ていたということです。

日下部容疑者は当初、灯油を高圧洗浄機で噴射させて火をつけようとしたものの失敗し、竹下通りに車で突っ込んだとみられ、その動機については「死刑制度に対する報復でやった」と供述しているということです。

警視庁は、事件を起こすために運転免許証を取得するなど、あらかじめ準備を進めていたとみて、事件を計画した時期についても調べています。

引用元:2NN

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。