練馬女性遺棄、強盗殺人容疑で27歳男を再逮捕

 東京都練馬区の専門学校生、谷口夏希さん(20)の遺体が遺棄された事件で、警視庁捜査1課は9日、住所不定、無職、熊澤義信被告(27)=死体遺棄罪で起訴=を強盗殺人容疑で再逮捕した。

 再逮捕容疑は昨年11月29日ごろ、練馬区平和台4のマンションの一室で、谷口さんを窒息死させ、キャッシュカードなどを奪ったとしている。認否については「言いたくない。弁護人と相談する」と供述している。

 捜査1課によると、熊澤容疑者と谷口さんは昨年6月ごろに勤務先の飲食店で知り合い、友人関係だった。昨年11月28日夜には、谷口さんの帰宅直後にマンションに入る熊澤容疑者の姿が防犯カメラに映っていた。

 また、熊澤容疑者は同29日に谷口さん名義の口座から現金5万9000円を引き出し、12月上旬には東京、長野、福島など1都6県で谷口さんのクレジットカードで飲食代などに20万円以上を支払っていた。

 事件現場の一室には熊澤容疑者が書いたメモが残されており、「殺してくれと頼まれた。お金をあげると言われた」などと記載されていた。しかし、谷口さんが友人と旅行する計画を立てていたことなどから、同課は熊澤容疑者による偽装工作とみている。

 熊澤容疑者は、12月9日に実家がある福島県いわき市で車に谷口さんの遺体を乗せているところを捜査員に発見され、同10日に死体遺棄容疑で逮捕された。【春増翔太、山本佳孝、土江洋範】

引用元:BIGLOBEニュース

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。