強殺容疑で知人の男再逮捕=20歳女子学生遺棄―警視庁

 専門学校生の谷口夏希さん(20)の遺体が車の中から見つかった事件で、警視庁捜査1課は9日、谷口さんを殺害しキャッシュカードなどを奪ったとして、強盗殺人容疑で、知人の無職熊沢義信容疑者(27)=死体遺棄罪で起訴=を再逮捕した。認否について「言いたくない。弁護士と相談して話す」と供述しているという。
 逮捕容疑は昨年11月29日ごろ、東京都練馬区の谷口さんが住む寮で、谷口さんを窒息死させ、キャッシュカードなどを奪った疑い。
 捜査1課によると、谷口さんは28日午後に帰宅し、同日深夜に友人とチャットで会話したのを最後に行方が分からなくなった。熊沢容疑者は谷口さんが帰宅した数時間後に寮へ入り、翌29日にコンビニの現金自動預払機(ATM)で谷口さんの預金口座からほぼ全額の約6万円を引き出したことが、防犯カメラの映像などで確認された。
 熊沢容疑者には当時100万円以上のローンがあったといい、同課は同容疑者が金に困って谷口さんを殺害したとみている。 

[時事通信社]

引用元:BIGLOBEニュース