• HOME
  • ブログ
  • その他
  • ロッテアライリゾートで転けたか 雪に頭を突っ込んだ状態で見つかったスノボ男性窒息死・妙高

ロッテアライリゾートで転けたか 雪に頭を突っ込んだ状態で見つかったスノボ男性窒息死・妙高

スキー場で倒れ重体の男性 死亡

※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

21日、妙高市のスキー場でスノーボードをしていた54歳の男性が
コース脇で雪に頭を突っ込んだ状態で見つかり、意識不明の重体となっていましたが、
およそ5時間後に死亡が確認されました。

21日午後、妙高市のスキー場「ロッテアライリゾート」で、スノーボードをしていた
東京・練馬区の会社員、大谷孝一さん(54)が、コース脇の林の近くで
雪に頭を突っ込んだ状態で倒れているのが見つかり、市内の病院に運ばれましたが、
意識不明の重体となっていました。

警察によりますと、大谷さんは、およそ5時間後の21日夜9時前に、死亡が確認されました。
死因は窒息死だったということで、警察は、大谷さんがスノーボードをしている際に誤って転倒し、
雪に埋もれたものとみて、詳しい状況を調べています。

大谷さんは21日は友人3人とスノーボードをしていて、東京へ戻る予定だったということです。

01/22 06:34

引用元:2NN

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。