阿佐ヶ谷駅エリアレポート

阿佐ヶ谷駅は、JR東日本中央本線の駅で、駅番号は中央線快速電車がJC08、中央・総武線各駅停車がJB05です。駅の所在地は阿佐ヶ谷南三丁目となっています。緩行線の中央・総武線各駅停車と急行線の中央線快速電車が停車をします。

2017年の1日平均乗車人員は、2000年以降で最も多い45,642人でした。中央本線、中央・総武線ともに新宿・三鷹方面へ1本で行くことができ、新宿駅までは約10分、東京駅までは約20分と、都心へのアクセスは良好なため、通勤・通学にも便利な駅です。

どんな人が住んでいるのか

阿佐ヶ谷駅駅周辺半径300メートル以内には、どれくらいの年齢層の人が住んでいるのか、国勢調査のデータをもとに見ていきましょう。

該当エリアの総人口は6,115人であり、杉並区の人口563,997人の約1%となっています。決して多くの人口割合が集中しているというわけではなさそうです。男女の割合は、男性約48%、女性約52%となっており、若干女性の方が多くなっています。年齢別では、20代後半〜40代前半の人が多く、社会人の方が阿佐ヶ谷駅付近を選んで住んでいることがわかります。

次に、世帯数についても見ていきましょう。

このエリアの総世帯数は3,860世帯で、そのうち約6割が単身世帯で、1人暮らしが多いことがわかります。社会人の単身世帯が多いことが予想されます。また、2人世帯やファミリー層も一定数あり、このエリアは20代後半〜40代前半の人が多いことから、今後2人以上世帯が増えていく可能性がありそうです。

阿佐ヶ谷駅周辺の地価

阿佐ヶ谷の地価(総平均)は、2018年は77万2,727円でした。近年の地価は以下のとおりです。

ここ数年上昇が続いており、伸び率も高くなっています。今後も上昇していく可能性は十分にあります。

阿佐ヶ谷駅ってどんなところ

阿佐ヶ谷駅周辺には、10を超える商店街が存在しています。そのなかでも、特に有名な商店街が、阿佐ヶ谷駅南口にある「阿佐ヶ谷パールセンター」です。ジャズストリートとも呼ばれ、700メートルものアーケード街になっています。スーパーや飲食店、雑貨店など、さまざまなお店が200軒以上もあり、日常の買い物には困りません。また、阿佐ヶ谷七夕祭りや阿佐ヶ谷ジャズストリートなどのイベントもあり、家族で楽しむことができます。阿佐ヶ谷駅北口には、西友やイトーヨーカドーもあるなど、駅周辺だけで、生活に欠かせないものが一通り揃います。西友は24時間営業なので、夜遅い買い物にも利用できて便利です。

阿佐ヶ谷駅付近のグルメ

阿佐ヶ谷駅付近には、美味しくて雰囲気が良いお店が揃っているため、カップルや家族で楽しい時間を過ごせます。阿佐ヶ谷駅から徒歩2分のところにある「ラ メゾン クルティーヌ」は、ミシュラン2018やゴーエ・ミヨ2017掲載店であり、落ち着いた雰囲気の店内で本格フランス料理を楽しめます。長期熟成肉や旬の食材を使ったメニューは絶品です。シェフが選んだペアリングワインとともに極上料理を味わえる人気のレストランです。また、阿佐ヶ谷駅から徒歩1分のところにある「神鶏 阿佐ヶ谷店」は、気軽に寄れる人気焼鳥店です。人気のとりかわは1本99円と格安でありながら、何度も食べたくなる美味しさです。低コストで美味しい焼鳥が食べられるコスパの良いお店となっています。阿佐ヶ谷駅から徒歩2分の場所には美味しいタイ料理を味わえる「ダオタイ」もあります。一品料理からおつまみメニューまで幅広いタイ料理とアジアのお酒が揃っています。タイの屋台っぽい雰囲気も味わえて、雰囲気もとても良いです。阿佐ヶ谷駅付近には、他にもたくさんのお店が揃っています。

阿佐ヶ谷の子育てのしやすさ

阿佐ヶ谷駅の近くには、保育園が10箇所以上あります。また、「子育てサポートセンター阿佐ヶ谷南」や「阿佐ヶ谷西公園」「阿佐ヶ谷児童館」など、保育園や公園、児童館などの子育てスポットが点在しているため、安心して子育てをすることが可能です。子どもがわいわいと遊べる場所が充実しています。阿佐ヶ谷駅のある杉並区は子育てに力を入れているため、子育て世代には暮らしやすい環境です。

このように、阿佐ヶ谷駅は都心へのアクセスが良く、駅周辺には商店街やスーパー、美味しい飲食店が立ち並び、子育てもしやすい環境のため、ベッドタウンとして人気です。ファミリー層だけでなく、単身者にも暮らしやすい環境となっているためおすすめです。