元農水省事務次官が長男“刺し殺す”

 農林水産省の元事務次官が1日、同居している44歳の長男を刺して殺害しようとしたとして、警視庁に逮捕されました。刺された長男は死亡しました。

 殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、東京・練馬区に住む農林水産省の元事務次官、熊沢英昭容疑者(76)です。熊沢容疑者は1日午後3時半すぎ、自宅で同居している長男で無職の英一郎さん(44)の胸などを複数回刺し、殺害しようとした疑いが持たれています。

 英一郎さんは搬送先の病院で死亡が確認されました。取り調べに対し、熊沢容疑者は「包丁で刺したことは間違いない」と容疑を認めているということで、警視庁は容疑を殺人に切り替え、当時の状況を調べる方針です。

 熊沢容疑者は1967年に旧農林省に入省、2001年からは事務方トップの事務次官を務めていました。(02日00:32)

引用元:BIGLOBEニュース

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。