【速報】元農水事務次官(76)を殺人未遂容疑で逮捕 44歳無職の長男を包丁で(刺)す 死亡確認 ★12

■殺人未遂疑い元農水事務次官逮捕 「刺した」と110番、息子死亡

1日午後3時40分ごろ、東京都練馬区早宮の住宅から「息子を刺し殺した」と110番があった。
警察官が胸などから血を流している男性を発見、搬送先の病院で死亡が確認された。
警視庁練馬署は殺人未遂の疑いで、通報した住人の元農林水産事務次官、熊沢英昭容疑者(76)を現行犯逮捕した。

練馬署によると、死亡した男性は同居している長男の無職英一郎さん(44)。
熊沢容疑者は「長男を包丁で刺したことに間違いない」と容疑を認めており、殺人容疑に切り替えて調べる。
英一郎さんは1階の部屋の布団の上にあおむけで倒れ、上半身の複数箇所を刺されていた。近くで包丁も見つかった。

共同通信 2019/6/1 23:59 (JST)

◆ 元農水事務次官、殺人未遂容疑で逮捕 死亡した長男は近所で「姿見かけず」

同署などによると、逮捕されたのは元農林水産省事務次官の熊沢英昭容疑者(76)。
亡くなったのは容疑者の長男英一郎さん(44)。
「長男を包丁で刺したのは間違いない」と供述している。

捜査関係者によると、英一郎さんは仕事をしておらず、自宅にいることが多かった。
家庭内で暴力をふるうこともあったという。殺人容疑に切り替えて調べる。

同署によると、熊沢容疑者は妻と英一郎さんの3人暮らし。
近所の女性は「息子の姿は全く見たことがない。
(熊沢容疑者は)あまり近所では話をしなかったが、腰の低い人だった」と話した。

★1が立った時間 2019/06/01(土) 20:45:34.09

引用元:2NN