「俺の人生何なんだ」と暴力か、同居直後に元次官の長男

 農林水産省の元事務次官が長男を殺害したとして逮捕された事件で、長男が事件の1週間ほど前に実家に戻った直後、「俺の人生何なんだ」と
大声を上げながら元次官に激しく暴力を振るっていたことが新たにわかりました。

 農林水産省の元事務次官・熊沢英昭容疑者(76)は今月1日、東京・練馬区の自宅で同居している長男の英一郎さん(44)を包丁で刺して
殺害した疑いが持たれています。熊沢容疑者は容疑を認め、「長男は中学時代にいじめを受け、引きこもりがちになった」と供述しているということです。

 「あまり印象がないです。(同級生も)みんな覚えてないんです」(英一郎さんの小学校の同級生)

 英一郎さんは10年以上前に実家を離れて1人暮らしをしていましたが、その後の捜査関係者への取材で、自ら希望して先月25日に実家に戻り、
その翌日「俺の人生何なんだ」などと大声を上げながら熊沢容疑者に激しく暴行を加えていたことが新たにわかりました。

 熊沢容疑者は妻に対し、「次に暴力を振るわれたらやるしかない」と殺意をほのめかしていたということで、警視庁は動機についてさらに詳しく
調べています。(05日11:05)

JNN

引用元:2NN

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。