【原子力規制庁】通行の邪魔と立腹…60代の規制庁職員、バイクの座席をカッターナイフで切り付け

通行の邪魔と立腹…規制庁職員、バイク座席切り付け
読売新聞オンライン 2019/06/11 19:18

 原子力規制委員会は11日、原子力規制庁法務調査室の60歳代男性職員(課長補佐級)を減給10分の1(2か月)の懲戒処分にしたと発表した。

 規制委によると、職員は昨年10月24日夜、東京都練馬区の路上に駐車されていたバイクの座席をカッターナイフで切った。
他にも2回、バイクの座席を切っていたことが判明し、器物損壊容疑で書類送検され、5月16日付で不起訴処分となった。

 職員は規制委に、「バイクが歩行者の通行の妨げになっていることに腹が立った」と話しているという。

引用元:2NN