【としまえん】事故プールは今シーズン営業中止

東京・練馬区にある遊園地・としまえんのプールで8歳の女の子が死亡した事故を受け、としまえんは事故があったプールの今シーズンの営業を取りやめることを決めました。

 8月15日、としまえんのプールで埼玉県朝霞市に住む小学3年の森本優佳さん(8)が、水面に浮いている遊具の下で体が潜り込んだ状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されました。

 警視庁などによりますと、森本さんが見つかったのは子ども向けエリア「ふわふわウォーターランド」で、空気で膨らませた浮島の近くだったということです。としまえんは今回の事故を受けて「ふわふわウォーターランド」の今シーズンの営業を取りやめることを決めました。営業中止の理由は「事故についての改善点が把握できていないため」と説明しています。

 その他のプールエリアは施設の再点検を終えた後、監視員を4人増員するなどして、23日からの営業再開を目指しているということです。

2019年8月21日 18時30分

引用元:2NN