=LOVE、泣きまくりの“異色”MV 指原P作詞の失恋ソングで本気の涙

 元HKT48でタレントの指原莉乃(26)がプロデュースするアイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」が、終始泣きまくりの異色ミュージックビデオ(MV)を制作した。

 指原が作詞した失恋ソングの新曲「ズルいよ ズルいね」(30日発売)のMV。先月12日に体調不良で活動を休止した高松瞳(18)を除くメンバー11人が出演。土砂降りの路地や川沿いの高架下、カフェ、バス、貸し切りのとしまえん(東京都練馬区)などで、本気で泣く演技に挑んだ。

 「失恋」にちなんで指原が企画した。しくしくと涙を流したり、むせび泣きや号泣など“十一者十一様”の泣き方にファンならずとも目を奪われる作品だ。

 先月下旬に先行公開された宣伝用写真では、メンバー11人がこれまで見せたことのないような切ない表情を浮かべており、どんなMVになるのか注目されていた。4日からユーチューブで公開される。

 高松に代わる新センターには斉藤なぎさ(16)が抜てきされた。シングルの表題曲でセンターを務めるのは初めてで「凄く緊張していますが、皆さんがこれからも応援したいと思えるようなグループにできるように、メンバーと一緒に頑張っていきたい」と抱負。17年9月のデビューシングル「=LOVE」から今年4月の5枚目シングル「探せ ダイヤモンドリリー」まで重責を担ってきた不動のセンターに負けない熱演をMVでも見せている。

 指原は「メンバーの歌声をより感じられるソロパート中心の歌割りにぜひ注目してください」とPR。涙の演技だけでなく、歌でもメンバー一人一人の個性が前面に出ていることを明かした。

 ▽=LOVE(イコールラブ) アイドル好きの指原が理想実現のためにプロデュースした12人組。愛称はイコラブ。リーダーは山本杏奈(21)。17年9月に、指原作詞の「=LOVE」でメジャーデビュー。昨年から「けものフレンズ」など2.5次元舞台でも活躍。妹分グループは「≠ME(ノットイコールミー)」。

引用元:BIGLOBEニュース