臨時災害放送局(臨時災害FM局)

臨時災害放送局とは

 大規模災害発生時に、地方公共団体が臨時に開局し災害関連情報をFM放送の電波で発信する無線局で、臨時災害FM局とも呼ばれています。東日本大震災や熊本地震の際には、多くの放送局が開設され、災害時に有用な情報発信手段として注目されています。
 練馬区の臨時災害放送局は、災害発生後に新たに開局する放送局のため、使用する周波数も開局時に決定します。
 決定した周波数は、練馬区公式ホームページ、ねりま情報メール、臨時区報、防災行政無線、データ放送(ジェイコム東京)等でお知らせします。

機材、設備

これら機材は平成27年度に導入しました。
臨時災害放送局を開局する場合には、練馬区役所本庁舎を送信所として放送を実施します。
区では、臨時災害放送局は、事前の周知活動や定期的な訓練が重要であると考え、同機材を活用したイベント放送等を積極的に実施しています。

「臨時災害放送局の開設および運営に関する協定」の締結について

平成30年6月22日(火曜)に大規模災害発生時の情報発信体制強化のため、日本大学芸術学部、株式会社ジェイコム東京および一般社団法人練馬放送の3団体と練馬区は、「臨時災害放送局の開設および運営に関する協定」を締結しました。

協定内容は、大規模災害が発生した際に、区が開設する臨時災害放送局を継続かつ安定的に運営するため、基本的役割を分担するとともに、相互に協力連携するというものです。

ア 日本大学芸術学部

  • 被災状況、ライフラインの状況等の区民等へのアナウンス
  • 放送局の番組編成、放送局の運営に関する活動支援

イ 株式会社ジェイコム東京

  • ケーブルテレビを利用した放送局に関する平常時からの広報
  • 放送局開設時の周知

ウ 一般社団法人練馬放送

  • ラジオ番組等を利用した放送局に関する平常時からの広報
  • 放送局開設時の周知
  • 開設および運営に必要な第2級陸上無線技術士の派遣
  • 被災状況、ライフラインの状況等の区民等へのアナウンス
  • 放送局の番組編成、放送局の運営に関する活動支援

エ 練馬区

  • 開設および運営に係る国等の関係機関との連絡調整
  • 被災状況、ライフラインの状況等のとりまとめおよび区民等へのアナウンス
  • ホームページ、臨時区報等を活用した放送局に関する周知

これまでの活動

平成27年度(初年度)

  • 平成27年9月13日(日曜) 防災フェスタ 放送訓練
  • 平成27年10月18日(日曜) 第38回練馬まつり イベント放送局開設

平成28年度

  • 平成28年9月11日(日曜) 防災フェスタ 放送訓練
  • 平成28年10月16日(日曜) 第39回練馬まつり イベント放送局開設

平成29年度

  • 平成29年6月1日(木曜) 電波の日 総務省関東総合通信局長表彰を受賞

  (注釈)詳しくは、報道発表資料をご覧ください。

  • 平成29年9月10日(日曜) 防災フェスタ ブース出展
  • 平成29年10月15日(日曜) 【練馬区独立70周年記念事業】第40回練馬まつり イベント放送局開設

平成30年度

  • 平成30年6月22日(金曜) 日本大学芸術学部、株式会社ジェイコム東京および一般社団法人練馬放送の3団体と、「臨時災害放送局の開設および運営に関する協定」を締結
  • 平成30年9月9日(日曜) 防災フェスタ ブース出展
  • 平成30年10月21日(日曜) 第41回練馬まつり イベント放送局開設

令和元年度

  • 令和元年9月8日(日曜) 防災フェスタ ブース出展
  • 令和元年10月20日(日曜) 第42回練馬まつり イベント放送局開設(周波数 87.1MHz

お問い合わせ

区長室 広聴広報課 庶務係

 組織詳細へ

電話:03-5984-2694(直通)

 ファクス:03-3993-1194

この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで


サブナビゲーションここから



このページを見ている人はこんなページも見ています


情報が見つからないときは




フッターここまで

引用元:練馬区公式ホームページ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。