菅原経産相に辞任論浮上 「明日、国会で説明する」

 菅原一秀経済産業相(衆院東京9区)の秘書が地元有権者に香典などを配った疑いのあることが24日、分かった。同日発売の週刊文春が報じた。寄付行為を禁じる公選法違反の疑いが出ており、野党から辞任論が浮上している。

 週刊文春によると、菅原氏の公設秘書が今月、東京・練馬区内の葬祭場に香典を持参したほか、事務所から故人の枕元に供える枕花を最近、発注していた疑いが判明した。大型連休前後には、後援会幹部にリンゴを配ったという。

 香典は、政治家自身が弔問して持参する場合を除き、寄付に当たるとして公選法で禁止されている。総務省によると、政党支部の職員や秘書が、氏名が表示されていない形で金品を寄付することは、直ちに禁止とはしていない。

 菅原氏は24日、経産省で記者団に「明日、国会で説明する」と表明。25日の衆院経産委員会で経緯を明らかにする意向を示した。

 立憲民主党の安住淳国対委員長は24日、自民党の森山裕国対委員長と会談し、25日の経産委で菅原氏に事実関係をただす方針を伝達。説明が曖昧なら「衆参両院の全ての委員会開催に応じない」と通告した。「事実なら責任を取ってほしい」とも述べ、菅原氏の閣僚辞任も要求した。森山氏は「政府に伝える」と応じた。

 立民などの野党は国対委員長会談で同じ方針を確認した。

 一方、与党にも厳しい見方が広がる。公明党の北側一雄中央幹事会会長は記者会見で「(菅原氏)ご自身がしっかり説明責任を果たすことが大事だ」と指摘。秘書が議員名で香典を持参したとの指摘が事実なら、公選法違反に当たるとの認識も示した。ある自民党幹部は「まず、本人の説明を聞いてからだ」と語った。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は24日の記者会見で「政府として予断をもって答えることは差し控えたい。菅原氏が必要な説明をされるべきだ」と述べた。

引用元:BIGLOBEニュース