企画展「花と恋した牧野富太郎-大野八生が描く絵本『草木とみた夢』」を開催【牧野記念庭園記念館】


copyright:Tanimoto Yuji/Ohno Yayoi

牧野富太郎博士は、子供の頃から植物に心惹かれ、終生植物研究に勤しみました。しかしながら、思い通りにいかない植物図説の出版、多額の借金や大学との確執など何度も苦境におかれたことが自叙伝に記されています。こうした困難を乗り越え、花とともに歩んだ博士の人生を、2019年春に刊行された絵本『牧野富太郎ものがたり 草木とみた夢』(谷本雄治・文、大野八生・絵 出版ワークス)の原画でたどる企画展を開催いたします。

開催概要

日時:令和元年12月14日(土曜)~令和2年2月9日(日曜)午前9時30分~午後4時30分
休館日:毎週火曜日、年末年始(12月29日~1月3日)
費用:入場無料
場所:牧野記念庭園記念館(練馬区東大泉6丁目34番4号)

お問い合わせ

牧野記念庭園記念館
電話:03‐6904‐6403

チラシは以下のリンクからダウンロードできます

会期中の催し

(1)ボタニカルアート講座
本格的なボタニカルアート(植物画)の描き方を学びます。
講師:石川美枝子氏(植物画家)
日時:令和元年12月18日(水曜)午前10時~12時、午後1時15分~3時15分
(午前・午後を通しての一日の講座です)
対象:区内在住・在勤・在学の方
持ち物:透明水彩絵具、水彩筆、パレット、鉛筆、練ゴム、コンパスほか
材料費:1,000円
定員:16名(事前申込、抽選)
場所:牧野記念庭園講習室
申込:往復ハガキの往信用裏面にイベント名、郵便番号、住所、氏名、電話番号を、返信用表面に郵便番号、住所、氏名を記載し、令和元年11月26日(必着)までに〒178-0063練馬区東大泉6-34-4牧野記念庭園記念館へ
(注1)お申し込みは一人一通に限ります。
(注2)令和元年10月1日よりはがきの料金が62円から63円に変更となりました。お手持ちの往復はがきでご応募の際は、料金不足のないようご注意下さい。料金不足のはがきでのご応募は受付できない場合があります。

(2)牧野富太郎博士の庭でマキノアートを作ろう
牧野博士の庭で集めた木の実、葉っぱ、小枝などの庭のカケラで、博士をイメージしながら作るボックスアート。そんな庭のたからものたちを箱の中に自由に並べたり、貼り付けたりして、素敵なマキノアートを作ってみませんか。
講師:大野八生氏(イラストレーター、造園家)
日時:令和2年2月1日(土曜)午後1時30分~3時30分
対象:区内在住・在勤・在学の方で、小学生以上どなたでも
持ち物:筆記用具
服装:汚れてもよい服装またはエプロン
材料費:1,000円
定員:12名(事前申込・抽選)
場所:牧野記念庭園講習室
申込:往復ハガキの往信用裏面にイベント名、郵便番号、住所、氏名、電話番号を、返信用表面に郵便番号、住所、氏名を記載し、令和2年1月21日(必着)までに〒178-0063練馬区東大泉6-34-4牧野記念庭園記念館へ
(注1)お申し込みは一人一通に限ります。
(注2)令和元年10月1日よりはがきの料金が62円から63円に変更となりました。お手持ちの往復はがきでご応募の際は、料金不足のないようご注意下さい。料金不足のはがきでのご応募は受付できない場合があります。

(3)ギャラリー・トーク(学芸員による展示解説)
日時:令和元年12月22日(日曜)、令和2年1月19日(日曜)午後2時30分~2時50分
場所:牧野記念庭園記念館企画展示室
定員:30名
申込:当日会場受け付け

交通案内等

交通案内等は、下記のリンクをご参照ください。

お問い合わせ

みどり推進課花とみどりの相談所

電話:03-3976-9402

本文ここまで


サブナビゲーションここから

牧野記念庭園




情報が見つからないときは




フッターここまで

引用元:練馬区公式ホームページ

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。