【一杯酒場】東京・大泉学園「大森喫茶酒店(おおもりきっさけてん)」

濃〜いホッピーとナポリタンで昼酔い 飲み屋×喫茶店のハイブリッド系!

 西武池袋線、大泉学園の街に「大森喫茶酒店」なる不思議な名前の店がオープンしたのは約2年半前。地元の酒飲みを中心にその評判は瞬く間に広まり、今や地域を代表とする名酒場となった。

 銀座の名門喫茶で経験を積んだ店主が大の酒好きだった。そんな単純な理由から誕生してしまった、店名の通りの喫茶店と飲み屋のハイブリッド。パッと見は風格のある喫茶店であり、店内にはどこかピシッとした空気が漂っている。酒の提供は夜からかな?と思いきや、昼間からでもきっちりと飲める店。渋い木製カウンターで飲む、ナカの濃〜いホッピーセットの非日常感がクセになる。

 レギュラーメニューから日替わりまで品数も膨大で、どれも料理の基本には忠実ながら、加えられたひと捻りが憎い。名物のひとつ「コマネチ」は「コンビーフとマヨネーズとネギをレンジでチン」の略。これにポン酢をひとたらしすれば、駄洒落的ネーミングからは想像できないハーモニーに驚かされる。パンの耳にカレー粉をまぶしてこんがりと焼いただけなのに抜群に酒が進む「カレーパンミミ」は、なんと100円。喫茶メニューも豊富で、自家燻製した厚切りベーコンをたっぷりと使った絶品「ナポリタン」で飲めるのもまたうれしい。

■大森喫茶酒店(おおもりきっさけてん)

住所:東京都練馬区東大泉4-3-6 田口第2ビル1F 電話:03-3922-8951 営業時間:12:00〜24:00 定休日:火

引用元:BIGLOBEニュース

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。