舞台ハリー・ポッターが日本人キャストで無期限上演

世界中で大ヒット中の舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」が22年夏に、日本人キャストで無期限ロングラン上演されることが13日、発表された。東京・赤坂ACTシアターを同舞台の専用劇場に改修する。16年7月に始まった同舞台は、ロンドン、ニューヨークなどで420万人を動員するほどの人気ぶり。アジア圏では初上演となるだけに、注目を集めそうだ。
  ◇    ◇    ◇
注目の人気舞台が、TBSとホリプロがタッグを組み、日本で上演される。しかも、ミュージカル以外の舞台作品では史上初の無期限ロングラン形式での上演となる。TBS開局70周年を記念した上演で、ACTシアターを21年から1年かけてハリー・ポッター専用劇場に大規模改修する。制作はミュージカル「ビリー・エリオット」「メリー・ポピンズ」などの海外作品にも定評のあるホリプロが担当する。
小説、映画ともに世界中で人気の「ハリー・ポッターシリーズ」だが、舞台版は小説の最終巻から19年後を描いた物語。1部と2部に分けて上演され、ハリー・ポッターの次男アルバスを中心に話が進む。映画でおなじみのキャラクターも登場し、原作ファンも楽しめる内容となっているという。英国では24の名だたる演劇賞を総なめにし、アメリカでもトニー賞の最優秀作品賞などを獲得。注目の日本人キャストは現在未定で、全キャストがオーディションで決めるという。
歴史的な上演の決定にTBS佐々木卓社長は「TBS70周年記念公演として上演出来る事、大変光栄に思っております」。ホリプロ堀義貴代表取締役社長も「ホリプロにとって長年の夢であるロングラン公演がいよいよ実現します」とコメントした。
<ハリー・ポッターアラカルト>
▼映画 全8作が製作され、日本では興行収入960億円超の大ヒット。第1作「ハリー・ポッターと賢者の石」は日本歴代2位の203億円、第2作「ハリー・ポッターと秘密の部屋」は日本歴代9位の173億円と、2作がベスト10にランクイン。
▼出版 全7巻の小説も大ヒットしている。出版元の静山社によると、全世界では5億万部、日本だけでもハードカバーのみで2500万部を売り上げたという。文庫本などは現在も重版が続いており、集計しきれていないという。
◆USJ 14年にオープンしたウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターはパークの目玉アトラクション。14年の来場者数は1270万だったが、15年1390万、16年1460万人と増加した。
◆遊園地「としまえん」(東京・練馬区)跡地 今月3日、「ハリー・ポッター」のテーマパークを23年春にもオープンさせる計画があることが報道された。

引用元:BIGLOBEニュース

関連記事一覧

  • コメント ( 1 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. セロリ

    としまえんもしかり、ハリポタ推しが凄い印象。そんなに人気あるんだね!