関東で局地的に激しい雨 大気の状態不安定

 上空に居座る寒気の影響で、きょうは朝から大気の状態が不安定となっていて、局地的に激しい雨が降っています。

 「突然激しい雨が降ってきました」(記者)

 降ったり、やんだり、きょうは朝からそんな不安定な1日でした。

 けさ、東京・練馬区では、午前7時過ぎまでの1時間で44.5ミリの激しい雨を観測。東京の杉並区などを流れる妙正寺川で、一時、氾濫危険情報も出されました。

 これは午前8時半ごろ、埼玉県志木市で撮影された映像です。

 「うわ〜、かわいそうあの子」(撮影者)

 あふれ出した水で道路が冠水。膝下まで水位が上がる中、ズボンの裾をまくりながら学生が通学します。

 「うわ、こわ・・・」(撮影者)

 「もう、バケツをひっくり返した感じ、ザアーっていう感じ。いきなりガーッと水が上がってきて怖かった」(近所に住む人)

 およそ30分後には雨が上がりますが・・・。

 「こちらの排水溝ですが、まったく水が流れていっていません」(記者)

 周辺には大きな水たまりが、住民の行く手を阻みます。

 「自転車、あっちの水のない方に持って行ってもらえます?」(住民)

 「どちらに行かれます?」(職員)

 「こっちの方が浅い?」(住民)

 「こっちの方が浅いと思います」(記者)

 「あ、大丈夫だった」(住民)

 困っているのは宅配便の業者。なんとか浅いところを探して配達します。

 この後も大気が不安定な状況は続き、関東と東北を中心に急な雷雨に注意が必要です。(16日14:46)

引用元:BIGLOBEニュース

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。