• HOME
  • ブログ
  • グルメ
  • 【上石神井駅】料理も店内も店主のアイデアが詰まった創作イタリアン『CAFE&BARU RAVI』

【上石神井駅】料理も店内も店主のアイデアが詰まった創作イタリアン『CAFE&BARU RAVI』

西武新宿線上石神井駅南口から徒歩1分の場所にある「CAFE&BARU RAVI(カフェアンドバル ラヴィ)」。
ホテルニューオオタニで23年間腕を磨いた店主が考案する、ここでしか堪能できない創作イタリアンを味わえるお店です。

CAFE&BARU RAVI

店主の野中さんは小学生の時から上石神井に住んでいて、地元である上石神井に今のお店を開きました。
創業5年目になる「CAFE&BARU RAVI」は今では地元の人達で賑わう人気店。

お店の名前である「RAVI(ラヴィ)」はフランス語でわいわい楽しむや賑やかという意味だそうで、お店の雰囲気もわいわい楽しめる空間にしたいという店主の想いからきています。
また、店前の通りの名前が「わいわい中通り」という偶然も重なりお店の雰囲気にも場所にもマッチした由来ですね。

シックなデザインの店構えですが、扉を開け中に入ると開放感のある店内が広がっています。

コロナ渦というのもありますが、元々テーブル同士の間隔もゆとりがありそれぞれのお客さんがゆったりと過ごせる空間で、子連れのお客様やベビーカーがあっても気にする事なくご利用ができ、ベビーチェアーのご用意もあるので気兼ねなく訪れることができます。

奥にある6名まで利用できるソファー席はビニールカーテンで仕切られる様になっているので半個室で利用する事ができ、ちょっとしたパーティーや女子会などわいわいと数名でお食事をしたい時には最適な場所です。

自慢の創作メニュー

店内の中央に掲げられているメニューには選ぶのに悩んでしまうほど料理がたくさん!

どれも気になりますが、その中でも店主オススメの料理はフォアグラ大根ふわとろオムレツ

どちらもトロけそうな味わいの品々ですね〜。

写真でしか拝見していませんがふわとろオムレツはキメの細かいお肌の様な表面とふわとろの中身がなんとも美しく、味わえば至福の時間を過ごせること間違いなしです。

季節のメニューと一個から頼めるフリット

カウンター席の上には季節によって旬な食材を取り入れたメニューが並んでいます。
なんやら目を引く料理名が…!

「餃子とゴーヤとチェリートマト」のアヒージョ。
この組み合わせは他では見たことがないです。果たして一体全体どんなアヒージョになっているのか興味がそそられついつい頼んでしまいそう!

デザートの「ピーチ・ピーチ・ピーチ!!」
もうピーチが入っていることしか伝えてくれないこの料理名は目に留まらない人はいないでしょう。
とにかくこのデザートは「ピーチを押しているんだ、ピーチが美味しいんだぞ」と店主のピーチに対する想いが伝わってきます。

いや〜気になりますね。

気になる料理がいろいろとありましたが、今回はその全貌を拝見することができませんでした。
また利用させていただく際に拝見したいですが、次回のメニューもどんなラインナップになっているのか楽しみです。

そんな季節のメニューの下にあるのが目当てでくるお客さんがいる程の人気メニュー揚げたてフリット(天ぷら)

こちらも時期によって扱う食材が変わるらしいのですが、一個から注文ができるのでいろんなフリットをお好みの量で味わうことができます。

天ぷらのお店が上石神井に無かった事がきっかけで、無いならウチでフリットとして出してみよう!と思い立ったそうです。
居酒屋さんの焼き鳥のように一つずつ頼めるスタイルならいろんなフリットを揚げたてで提供できると思い今のスタイルができました。
揚げたてのフリットをつまみにお酒を嗜むお客さんも多いそうで、お店の人気メニューとなっています。

料理も店内も創作された空間

お店に来るお客さんは地元の方がほとんどで、常連さんも多く、アットホームな雰囲気だからかお客さんから直接意見や要望を受けることもあります。

たまにお客さんから食材を頂くこともあるそうで、釣ってきた魚やお野菜などをシェフである店主がオリジナルのメニューに作り変えてお客さんに振舞うなんていう事も。

柔軟に様々な要望に応える店主の考えとしては、お客さんの反応が一番リアルだから自分では気づけない事に気付いてくれるアドバイザーの様な存在でもあるそうです。
率直な反応や感想が嬉しくもあり、新たな気づきにもなり、店主とお客さんと共に創り上げているお店だなと感じました。

そんな空間を創り上げた店主の野中さんはDIYが趣味だそうで、オープン前のお店の改装は店主と奥様と一緒に約3ヶ月かけて店内を改装されました。

DIY好きの店主だからこそ考え出せるアイデアも店内の色んな箇所で見受けられます。

居抜きで改装を始めた店内は、元々赤いレンガ調のデザインでした。
壁の上部はレンガ調ではなくフラットな状態の壁だったので、重いレンガではなく木材を利用してレンガ風のデザインに作り変え、壁も白く塗り替えられたそうです。

レンガに見えますが木材で作られています。

テーブルや椅子が当たりそうな壁の部分にはキズ防止用にコルクでカバーをされています。

デザインと工夫は紙一重ですね。

言われないと気づかないぐらい馴染んだデザインとなっていて、些細な工夫が様々な箇所に散りばめられています。

お店に訪れた際は創作イタリアンの料理を堪能しながら、店主がDIYされた店内のデザインを見てみるのも面白そうですね。

まかないから生まれたアヒージョライス

テイクアウトランチをお願いした時にオススメ頂いたのが「アヒージョライス」

お店の定番メニューであるアヒージョをご飯に乗せたら絶対美味しいだろう!と店主が思い付き、一緒に食べたところ案の定最高のコンビネーション。

まかないだったメニューから生まれた逸品です!

通常はしらすと牛肉から選べ、季節によっては限定のアヒージョライスもあります。

今(夏季)の時期の限定は「鰻のアヒージョライス」が楽しめ、ガーリックの風味に鰻と山椒が効いた一品はここでしか味わえないでしょう。

今回私が注文させて頂いたのは、通常メニューから「しらすのアヒージョライス」をお願いしました。

通常メニューの価格は950円ですが、ランチタイムは850円で提供されています。

ご飯の上にしらす、半熟の目玉焼き2つ、海苔、青ネギ、ごま、糸唐辛子が乗っかった、和風イタリアン。

しらすアヒージョと半熟目玉焼きをオンザライスした一品はご飯に合わない訳がない!

まず蓋を開けるとふわっとガーリックの香りが食欲を刺激。

そのあとにライスの上に二つも乗った半熟目玉焼きの黄身を割る。

また食べたくなってきた…

黄身が絡まったご飯のビジュアルと香りが…

究極の飯テロがここに誕生です。

一口食べるとどんどんと食欲が掻き立てられ、手が止まることなくあっという間に完食!

合わない訳がないこの組み合わせ。
是非一度は味わって欲しい一品です。

今度は季節のアヒージョライスを味わいたいな〜。

まとめ

気になる料理がたくさんありますが、イタリアンなのにどれも価格がリーズナブルなことにも驚き!

気軽に若い年代も来店できるよう、良心的な価格設定をされている店主の配慮にも感動です。

コロナ禍が落ち着いたら地域を巻き込んだイベントも計画中だそうで、地元の上石神井に寄り添った活動にも励む「CAFE&BARU RAVI」が今後も楽しみです。

創作された料理や店内、お客さんと作り上げていく雰囲気に同じく地元が近い私もすっかりお気に入りの場所となりました。

素敵な時間をありがとうございます!

施設情報
施設名:CAFE&BARU RAVI
営業時間:11:30~14:00(L.O.13:30)/18:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:月曜日※臨時休業あり FBで確認のほどお願いします
住所:練馬区上石神井1-12-13 大林店舗1F
アクセス:西武池袋線の上石神井駅より徒歩1分
Instagram: https://www.instagram.com/ravi_20170116/?hl=ja
Facebook:https://m.facebook.com/RAVIravi20170116/

    関連記事一覧

    • コメント ( 1 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. 三枝

      このお店コスパいいですよ。