【東京】アパート内に張られたテントから男女の遺体 練炭自殺か 七輪2つ発見/練馬区

 東京都練馬区石神井町のアパートの一室で14日夜、室内に張られたテントの中から、この部屋に住む派遣社員の男性(41)と埼玉県内に住む女性(44)が倒れているのが見つかり、死亡が確認された。

 テントは内側から粘着テープで目張りされ、練炭を燃やした形跡のある七輪2つが発見された。遺体に目立った外傷はなく、警視庁石神井署は2人が練炭自殺を図ったとみて、詳しい死亡の経緯を調べている。

 男性は14日に無断欠勤しており、確認のため訪れた男性の親族が同日午後9時50分ごろ、「部屋の中にテントがあり、様子がおかしい」と110番通報して発覚した。13日午前に近隣住民が男性の姿を目撃しており、同日午後以降に死亡した可能性が高いという。

2018.5.15 16:35
産経ニュース

引用元:2NN

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。