【東京】「3000円あげるから、靴下ちょうだい」 下校途中の女子生徒の足元を見つめ、しつこく迫る男 20~30代、髪の毛ボサボサ/練馬区

根強いフェチだ…(画像はイメージ/AC)

今月6日午後、東京・練馬区で帰宅途中の女子生徒が、見知らぬ男から突然「金を払うから履いている靴下が欲しい」などと迫られるトラブルがあった。

不審な男が目撃されたのは6日午後6時半ごろ、練馬区錦1丁目の路上を自宅に向かって歩いていた女子生徒に、自転車に乗った男が追いついて呼び止めた。男は「3000円あげるから、靴下ちょうだい」としつこく迫り、女子生徒の足元を見つめていたという。

恐ろしくなった生徒は、大声をあげてその場から走り去り、帰宅後に警察に110番通報したという。不審者は年齢20?30代、髪の毛は長めでボサボサに乱れており、黒か紺色のTシャツを着て、前にカゴが付いたシルバーの自転車に乗っていたという。

現場は東武東上線「上板橋駅」から500メートルほど離れた城北中央公園近くの住宅街で、警察がパトロールを強化している。

【問合せ先】光が丘警察署 ※電話番号はソース先でご確認ください

2018年06月07日 18時46分
ハザードラボ

引用元:2NN

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。