練馬区消費生活センターの大型連休中のご案内

こんな時は

身に覚えのない総合消費料金に関するハガキが届いた/メールが届いた

(ハガキについて)
無視してください。ハガキにある番号へ電話をかけないでください。
公的機関からのお知らせと思わせて、「連絡がない時は財産の差し押さえを執行する」などと不安をあおり、連絡期限が短いため慌てて電話をかけさせることを目的にした架空請求のハガキです。電話をすると、最終的には高額なお金を請求されます。
電話をかけずに無視しても、書面に書いてあるような差し押さえなどになることはありませんので、ご安心ください。
(メールについて)
突然、実在する企業名に似せたメールが届き、返信や電話をさせてお金を振り込ませる手口もあります。
身に覚えのない場合は、連絡をせず無視してください。
(見本)
消費者だより「ぷりずむ」平成31年1月号に、見本を掲載しております。下記よりご確認ください。

クーリング・オフがしたい。書き方がわからない。

クーリング・オフは8日以内に書面で「契約解除通知書」を送付する必要があります。
詳しくは、クーリング・オフ制度のページを参考にしてください。

連休中のお問い合わせ先

消費者ホットライン188

局番なしの「188」へご相談ください。
受付時間は、午前10時から午後4時です。(ただし、4月27日土曜日は午後5時まで)
つながらなかった時は、5月7日火曜日にご連絡ください。

お問い合わせ

産業経済部 経済課 消費生活係

 組織詳細へ

電話:03-5910-3089(直通)

 ファクス:03-5910-3440

この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで


サブナビゲーションここから

消費生活センターのご案内


情報が見つからないときは




フッターここまで

引用元:練馬区公式ホームページ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。