【元農水次官長男刺殺】長男は両親とは別の場所に住んでいたが、ごみ出しをめぐり近隣住民とトラブルを起こし、その後、実家で両親と同居

◆ 農水省元事務次官逮捕 長男は近隣トラブルで実家に戻ったか

東京 練馬区の住宅で、農林水産省の元事務次官の76歳の父親が44歳の長男を刺したとして逮捕された事件で、
長男は別の場所に住んでいた際、ごみ出しなどをめぐって近隣の住民とトラブルになっていたことが捜査関係者への取材で分かりました。
その後、実家で両親と同居するようになったものの仕事はしておらず、警視庁は詳しい経緯を調べています。

1日、東京 練馬区早宮の住宅で無職の熊澤英一郎さん(44)が包丁で刺されて死亡し、警視庁は父親で農林水産省の元事務次官、熊澤英昭容疑者(76)を殺人未遂の疑いで逮捕しました。
その後の調べで、長男は以前、都内の別の場所に住んでいましたが、ごみ出しなどをめぐって近隣の住民とトラブルになっていたことが捜査関係者への取材で分かりました。
その後、長男は実家に戻り、両親と同居していたということです。

捜査関係者によりますと、熊澤容疑者は「長男はひきこもりがちで家庭内暴力もあった。周囲に迷惑をかけてはいけないと思った」と供述しているということです。
事件直前には近くの小学校の音がうるさいと腹を立てていたのを父親にたしなめられて口論になったということで、警視庁は同居後もトラブルが絶えなかったとみて、容疑を殺人に切り替えて詳しい経緯を調べることにしています。

■ 「息子はまじめな印象だった」

熊澤容疑者と長男の英一郎さんが通っていたという理容室を経営する70代の男性は「10年ほど前に親子と知り合いました。ごく普通にいる方で、偉い人とは最初は知りませんでしたが、町会でうわさを聞きました。お父さんは2か月に1回、息子さんは2、3か月に1回程度来ていました」と話していました。
長男については「引きこもりというのはお父さんは一切言いませんでしたが、息子はまじめな印象でした。あまり向こうから話題を持ってくることはなく、僕が言うことに答えるだけで、髪の毛の長さを聞くくらいでした。息子はここ最近見ておらず、去年が最後だったと思います」と話していました。

NHKニュース 2019年6月3日 4時31分

※リンク先に動画があります

引用元:2NN