• HOME
  • ブログ
  • その他
  • 川崎殺傷事件の影響、供述 長男殺害容疑の元農水次官「迷惑かけたくなかった」

川崎殺傷事件の影響、供述 長男殺害容疑の元農水次官「迷惑かけたくなかった」

 東京都練馬区の自宅で無職の長男を刺したとして元農林水産事務次官、熊沢英昭容疑者(76)が殺人未遂容疑で逮捕された事件で、熊沢容疑者が川崎市で児童ら20人が殺傷された事件に触れて「長男も人に危害を加えるかもしれない。周囲に迷惑をかけたくなかった」との趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で判明した。事件の数時間前には、近所の小学校の音を巡って長男とトラブルになっており、警視庁練馬署は動機を慎重に調べている。

 同署は3日、熊沢容疑者の容疑を長男の英一郎さん(44)に対する殺人容疑に切り替えて送検した。

 捜査関係者によると、英一郎さんの刺し傷は上半身を中心に十数カ所あった。また、自宅からは英一郎さんへの殺意をほのめかすメモが発見された。

 一方、元々別の場所に暮らしていた英一郎さんが5月下旬に実家に戻り、両親と同居を始めていたことも判明した。しかし熊沢容疑者は「長男は仕事もなく、部屋にこもることが多かった。家庭内暴力もあり、妻も暴力を受けていた」という趣旨の供述をしている。

 事件は1日午後3時半ごろ、熊沢容疑者が「息子を刺し殺した」と110番して発覚。英一郎さんは搬送先の病院で死亡が確認された。事件の数時間前、熊沢容疑者は「近くの小学校の騒音がうるさい」と腹を立てていた英一郎さんを注意しトラブルになっていた。【山本佳孝、最上和喜】

引用元:BIGLOBEニュース

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。